おまめモ

おまめがメモをしています

【Books】「マジ文章書けないんだけど」を読んで、少し文章が書けるようになった気がする

なかなかインパクトのあるタイトルで気になり続けていた「マジ文章書けないんだけど」を読み終えました。

一見ふざけているように思われるタイトルも、マジ文章書けないと悩んでいる人が手に取りやすいようチョイスしたのが伺える内容でした。

おおまかな内容は以下のとおり。

 

1st.STEP 基本中の基本! 主語と述語について考える

2nd.STEP 文章を書く基本! 文と文章の構造を考える

3rd.STEP めざせ!伝わる文章 人の思考を意識する

Final STEP 秘策!文章マスターへの道 「Why」を意識する

 

内容は、女の子が謎のおじさんから文章の書き方を教わるストーリー仕立て。女の子の立場になって読み進められるので、とても読みやすいです。徐々に文章力を付けていくのが、段階を踏んでいてわかりやすい。これこそがわかりやすさのカギになっているのでしょう。

本書には余白や改行の間(ま)、親近感のわくイラスト、フォントの使い分けがうまい具合に散りばめてあり、僕のような本が得意ではないタイプでも抵抗なく読み進められる仕掛けになっています。

 

また、内容がわかりやすいポイントに、極めて短く作られた節があり、その節で伝えたいことは、その節だけでまとめられています。余分な話が割り込んで来ない、話が膨らみすぎないためにスッと頭に入ってきます。短い文章でわかりやすくまとめる、を、まさに今使っているのがわかりました。

一般的なお堅いタイプの本は噛み砕くまで、あるいは飲み込むのにコツが必要です。本書の細かく噛み砕かれた問題と解説は、つかえることなく飲み込むことができました。

 

「マジ文章書けないんだけど」に書かれていることは、文章を書くための基礎です。その基礎すらわからない僕には、とても役に立つ本でした。そして、改めて文章を書く難しさを感じています。

明確な答えのない文章の書き方において、僕の目指す答えは「わかりやすさ」なのだと目標が定まったようにも思えます。 

タイトル、内容、そしてわかりやすさから、人気になったのも頷ける本でした。

【Blog】ブログから少し距離をおいてわかったこと

そこそこ書いていたブログから少し距離を置いてみて、ブログを辞めてしまう人の気持ちなど、いろいろわかった気がしました。

 

まず、僕がブログから離れた理由は、記事を投稿しても反応がほとんどないからです。だったらその時間を違うことに費やしたらどうなるのだろう?という実験を含めた実践でした。

更新頻度を落とした『おまめモ』は、検索流入のおかげでアクセス数はそんなに変わっていません。おそらくこれは喜ばしいことなのでしょうが、新しい投稿がなくても安定してしまっているのは、どこか悲しくもあります。

さらにAdSenseやアフィリエイトにおいても、さして変化はありません。更新の有無に関わらず、ぼちぼち。ここも本来喜ぶべきところなのでしょうが、これまたフクザツな心境です。

更新してもしなくても変わらないのであれば、頑張って頻繁に更新する必要もないのでは?より好きなタイミングで投稿すれば良いのでは?と考えるようになりました。今までは自分自身に更新を強要していた部分もあったため、現在では随分と身軽に感じています。

 

そして、これらのことから見えてきたのが「更新に必要なエネルギー」と「費やしたエネルギーへの対価」です。

 

ブログを離れた理由にもなった、記事に反応がないことは、更新するエネルギーをごっそり削いでいきます。

『おまめモ』のほとんどの記事には、ありがたいことにスターが付き、そのたびに感謝の気持ちでいっぱいになります。その反応こそが僕の中でブログを続けていくエネルギーになっています。同じように感じている人はたくさんいるはず。嬉しいコメントが付こうものなら小躍りしてしまいます。

エネルギーを供給するのに、はてなスター、コメント、はてブなどの反応が、この上なく有効であり、とりわけポチッとするだけで反応を与えられる、はてなスターの存在の大きさと重要性を感じています。

せっかく記事を投稿しても、反応がないからつまらない。そんなシンプルな理由で辞めてしまう人はたくさんいるでしょう。どこの誰かもわからない数字だけのアクセス数と、直接トリガーを引くはてなスターとの違いは、なかなか大きいと思います。

 

そして、好きでやっていることであっても、費やしたエネルギーに対して相応の対価がなければモチベーションを維持できないでしょう。それはアクセス数であったり、スターの数であったり、コメントであったり、共有されて話題となった嬉しさであったり。

中でも人間を大きく動かすエネルギーは、お金。「スターもコメントもはてブもありがたい。でも欲しいのはクリックなんだ」と考えている人も少なくないはずです。

数時間かけて作った記事の反応が全くない。はてなブログProに投資した金額も回収できない。生産しても相応の対価はなく、不満しか生じないのであれば、離れていくのも納得ができます。

しかし、ブログでお金を発生させるのは容易ではないのも、数年ブログを運営してきてわかりました。

僕も楽しく続けているブログでお金が発生すれば当然嬉しいです。しかし、それを全面に押し出していくのは、自分の中で受け入れられません。ここは絶対に譲れない部分です。おそらく、カツカツのマネタイズをしたら、ブログが楽しくなくなってしまうと感じているからだと思います。楽しみの場ではなく、商売になってしまう。僕はそれが嫌です。

 

ブログを運営するにあたり、気持ちに余裕ができた今思うことは、「せっかくProにしてスペースを借りているのだから使わない手はない」でした。

試行錯誤して、自分にあったスペースを耕していきたいと思います。

【LifeStyle】当たり前になった分煙のありがたみ

先日、和食屋でお昼ごはんを食べていると、突然背後から濃厚なタバコのニオイがして驚きました。そのお店は全席喫煙席の様子。世の中の分煙化があまりに浸透しすぎていて、食事中のタバコの煙はとにかく驚きました。

これが夜の飲み屋となれば許容範囲が広がる不思議。しかし、おいしくごはんを食べているときのタバコの煙は非常に不愉快です。昔は父も食事が終われば食卓でタバコを吸っていましたが、現在では外へ追いやられています。

以前は僕も吸っていたので、喫煙者の気持ちもわかります。そして喫煙に関しては寛容なほうですが、今回は不快な印象が強烈に残っています。同じことをしていたのかと思うと、気が病みます。

 

食事中の喫煙は、周りで食べている人がいるなら吸わないのがマナーだと思います。自分が食べ終えても、周囲に食べている人がいるかもしれない。吸うならば離れたところへ。自分が食べているのに、目の前でタバコを吸われたら煙たいでしょう、と。

僕が喫煙者であれば、考え方が違ってくるかもしれません。しかし、食事への配慮は変わらないと思います。

 

今回のことから、食事と喫煙についてしばらく考えていました。

食事の場では、本当にタバコは消えたように思います。当たり前のように、日常では食事とタバコは切り離されている。だからこそ、昼食時の何気ないタバコにここまで驚いたのだと思います。

タバコは悪いもの。それが当たり前となった時代になってきているのを感じました。

Copyright © 2018 おまめ All Rights Reserved.