おまめモ

おまめがメモをしています

【LifeStyle】だいたいどこにでも人はいる

お盆期間中に長野の渓谷へ行ってきました。天気はあいにくの雨。晴れていないことに肩を落としていましたが、ここはポジティブに。雨だから人が少なく、渋滞を回避できたと捉え、雨の渓谷を堪能してきました。

f:id:fake_fake:20170815142523j:plain

ここは水がエメラルドグリーンに見えるため、流れが穏やかならもっと鮮やかに見えたはず。それでもきれいな水でした。

f:id:fake_fake:20170815142254j:plain

普段なら乾いた草木も、雨に濡れてツヤツヤ。

生い茂る木々の中をひたすら運転していると、何気ない風景すら幻想的に感じてきて、昔話の中にいる感覚を味わったような気がします。もちろん近代的な建物もたくさんあります。それらを覆す大自然を堪能してきました。

渓谷へ入るとスマホの電波も届かなくなるので、懐かしい感覚も体験できます。

 

今回渓谷へ行ってきて、1つ前の記事と内容がやや被るのですが、「どこにでも人はいるんだなあ」と強く思いました。

【LifeStyle】人が生きているのを感じられる場所 - おまめモ

中央自動車道は標高1000mを超える山道を通過します。そのへんは緑が多く、高速道路しかない先入観から、勝手に人がいない雰囲気を感じていました。しかし、きちんと家もあれば大きい畑もある。どんどん山を登ろうが、下ろうが人間が生活をしています。

長野へ行ったときは、ひたすら山道を通っていました。それでもやはり人がいて、建物がある。基本的に、道があるところには人と建物があるのを学びました。

一見当たり前のことをいっているようですが、この疑問は実物を見なければスッキリしない疑問だと僕は思っています。

島国である日本はほとんどが踏破されおり、未開の地と呼ばれそうな場所はないように思います。未開であれば認知されていないのがフツウなので、もしかしたらどこかにひっそりと存在していれば、夢がありますね。

 

僕は知らないところへ行くと「わくわく」よりも「不安」が強く出てしまいます。そんなとき、「どこにでも人はいる」のを身を持って知ってから、少し落ち着いて物事を楽しめるようになりました。

レジャーでもない限り、案外どこへ行っても人はいます。全く人が踏み入れない場所は、おそらく何かしら雰囲気が違うのではないでしょうか。恐ろしいので行きたくない反面、気になるジレンマ。

【LifeStyle】人が生きているのを感じられる場所

田舎の実家から住宅地へ越してきて4年ほど。何気なく過ごしている日常で、たまに行く緑豊富なところから、人が生きている、人が生活しているのを、ひしひしと感じられて感激する場面がありました。

 

人が溢れかえっている都会では、その人たちが何をしているかが明確ではありません。スーツ姿の人があちこちにいても、実際は何をしている人なのか。ただ立っているだけに見える人が客引きだったり、ひらすら同じ道をくるくる回っている人が、何かを検証している人だったり。

お店も所狭しと並んでいます。商いをしている人とそれを求める人。都会も地方も同じことをしているのに、人の少ないところは、一つひとつの事柄が大きく響きます。

 

先日行ってきた避暑地は緑がとても豊富でした。家や道路よりも、自然の割合が圧倒的に多い。そんななかでも当然人は暮らしていて、畑を耕している人、散歩をしている人、げんきに遊んでる人。同じ人間なのに、コチラのほうが生きている感じがとても強く感じられ、不思議に思っています。

おそらく僕の中で、「田舎=暮らしにくいところ」の方程式ができているからかもしれません。そのぶん人間がたくましく見える。そして、視界に入る人も少ないため、1人ひとりの姿が力強く映る。

畑を耕している人は、その場で生産活動を行っているワケで、その姿が働いている姿であり、生きている姿。一方、スーツの人はそれこそ「何をしているのかわからない」ために、生きているのを感じづらいのかもしれません。

お店の場合は場所に関わらず経営者はいて、従業員もいます。建物は都会に比べてくたびれた雰囲気のモノが多い。くたびれた感じも、都会では「劣化」が当てはまるのに対し、田舎では「風化」や「緑の侵食」が強く感じられます。

経営においては、客の取り合いというより、そもそも人が少ないところで、細々と経営している雰囲気が、客を含めて生活しているのを感じられました。

僕の実家もなかなかな田舎ですが、この感覚はありませんでした。しかし、20年くらい前は個人経営の小さな店もチラホラあり、同じような雰囲気があったようにも思えます。

 

都会でも田舎でも生きるのはとても大変です。その「大変」のニュアンスが微妙に違うのを感じられた気がしました。どこかへ行く際、人の生活にフォーカスしてみるとおもしろいかもしれません。

【ポケモンGO】ファイヤー、ルギア討伐と捕獲の記録

7月末で出現期間の終わったフリーザーに変わり、8月1日よりファイヤーが出現しました。期間内に無事フリーザーをゲットできて良かったです。

【ポケモンGO】フリーザー、ルギア討伐と捕獲の記録 - おまめモ

 

準伝説ポケモンのファイヤーも、フリーザーと同じく1週間。フリーザーは幸い日曜日を2回挟んだ出現期間でしたが、ファイヤーの出現期間は週末が1度しかありません。狙うは5日の土曜日と6日の日曜日。平日いたるところで見かけるファイヤーをスルーし、人の集まりやすい週末をじっくりと待っていました。

4日金曜の5時半ころには仕事終わりの方々とルギアを討伐。仕事を終えた人が動き出す5時以降もチャンスは十分あるように感じます。

 

そして5日の土曜日。ファイヤー探しを兼ねたドライブへ。さっそく見つけて駐車。この日はとても暑く、さらにお昼近くだったのもあり、暑さとの戦いもありました。集まったのは10人ほど。小さい子ども連れの人は路駐でスタンバイしている場合が多く、開始前に積極的に声掛けを行っています。返事はだいたい「入ってます!」と周囲へのアンテナがバリバリな様子。サイクリングスタイルでレイドを回っている人もおり、日に焼けた肌を見ながら「今日は暑いですねー」なんて話しながらぽちぽち戦っていました。

ファイヤーは攻撃力が高いのか、参加人数が少なめなせいか、コチラのモンスターがバタバタと倒れていったのが印象的でした。

無事ゲットチャンスとなり、きっちりゲット。

f:id:fake_fake:20170809164626p:plain

初のファイヤー戦で初ゲットは嬉しい。

 

翌日6日も出かけながらレイドへ挑んできました。

ふらっと立ち寄ったところで初のバンギラス。場所が良かったせいか、伝説系と比べてしまうせいか、あっさり勝利を収めてしまいました。

f:id:fake_fake:20170809170845p:plain

この白熱したシーンを撮るのがマイブーム。

そして見事ゲット。ヨーギラスからサナギラスへ進化はさせていましたが、飴が全く集まらないせいで、バンギラスまでの道のりはとてつもなく遠い。そんななか、突然バンギラスがボックスに入り込んできて驚いています。

 

そのあと、ルギアが出現したのを見つけてジムへ向かいました。しかし、一足先に討伐組がいて、次のグループ待ちです。そこそこな人がいるように見えたので、始めてみると15人くらい。そしてぽちぽち開始。あとギリギリのところで負けてしまい、皆さんガックリと肩を落としていました。本当にあと1ミリくらい。

ここで初めて、1度レイドパスを使うと何度も出入りが可能で、負けた場合はレイドパスなしに再戦ができることを知りました。また、チームを出入りしてもパスを消費しないのも知りました。

負けたのを機に去る人もいれば捕獲に来る人もいて、なかなか人が増えません。チームを出たり入ったりして人数を確認していたら最大人数である20人のチームへ入りました。「どこにそんなにいるの?」とちょろちょろ話していると、奥に集団がいるとの情報が入って納得。

チーム人数確認のための出入りが重要なのを痛感です。

前の負け戦から居座っていたおばさまが「人いますかー?」と尋ねてきて、20人のチームにいるのを伝えてバトルが始まってしまったことを伝えたら「え!入れてない!抜けてください!!」と…。このチームを抜けても僕にはデメリットしかないと思うので、「いや…それは…」なんて誤魔化しながらぽちぽちしていました。ちょうど別グループができたようで、そのおばさまはそちらへ行かれました。チームに入れなかったのに動揺しており、少し付きまとわれたのが怖かったです。

20人でのルギアは本当にサクサク。東京などではこれが珍しくないのはうらやましい限りです。そして見事にゲット。

f:id:fake_fake:20170809171608p:plain

討伐3回目にしてゲットは上々です。画面からはみ出る大きさはさすが伝説ポケモン。

 

さいごに

フリーザー、ファイヤー、ルギアが実装されてからぼちぼちレイドで遊ぶようになり、何度か会ったことのある人がちらほら出てきました。僕はそれほどアクティブでないと思うので、行動範囲が似ているのでしょうか。

しかし、大人から子どもまで幅広く参加しているポケモンGOのすごさを改めて感じています。

そして、レイドバスを使ったジムではレイドの再戦可能で、逃げたり、チームを出たりするのができるのを知れたのはとても大きな収穫でした。

レイドへ参戦するたびに何かしら得るものがあってとても楽しく感じています。ラストのサンダーでとりあえずお祭りモードな期間は終わりますが、ラスト1週間を余すことなく満喫したいです。