おまめモ

おまめがメモをしています

【Game】プレイ時間の変化

マイペースに遊んでいるドラクエ11が、レベルや装備など、だいぶ良い具合に仕上がってきました。

図鑑やクエストはやり残していますが、シナリオでできそうなところはだいたいクリア。あとは裏ボスへ向かうのみ。気付けば100時間以上遊んでいました。

f:id:fake_fake:20170922011918j:plain

今まではガッツリやり込んでいたRPGも、ストーリー重視になった今では、ライトに楽しむ程度に終わっています。それでも30、40時間は遊んでいるはず。

アイテム収集など、苦行のようにやり込んでいても70時間代だったように思います。

RPGはストーリーを軸に進めていくため、ラスボスを倒せば基本的にはゲームクリア。そこで「おしまい」でも、きちんと「クリア」となります。

そのせいかRPGのプレイ時間は比較的短め。やり込んだとしてもレベル上限へ到達し、図鑑を完成させれば、ほぼほぼ離れていくのではないでしょうか。

 

一方で、ノーミスやハイスコアを狙うパズルゲームや音ゲーの類は、1つのクリアがとても短いのに対し、やり込み度に終わりがありません。

同様に、僕がハマっている格ゲーも終わりが見えてきません。

エンディングが全クリならば、即おしまいです。そのため、すぐ終わってしまう格ゲーは、小学生のころから、つい最近まで嫌いでした。今ではオンラインで戦えるようになり、本当にさまざまな人がいるため、「すぐ終わる」なんて口にできません。

f:id:fake_fake:20170922175610p:plain

格ゲーに300時間というと、なかなかおもしろい数値だと思います。1試合ごとに物凄い集中力を要する格ゲーを300時間と考えたら、自分でも驚きました。しかし、ほかの人は1000時間超えもザラなので、僕はまだペーペー。

テクニックや勝敗を競う面では、1つのおしまいは短くても、飽きるまで永遠に遊べるのはスバラシイ。

 

1人プレイのゲームでも、サンドボックスゲームやサバイバルゲームなどで、もくもくと遊んでいる友人がいます。友人は、自分でも頭がおかしいというくらいハマっていて、1人でひたすら遊ぶのが好きな人には、こういうタイプもアリなのかもしれません。

7 Days to Die (輸入版:北米) - PS4

7 Days to Die (輸入版:北米) - PS4

 

みんなでわいわい遊ぶパーティーゲームも、集まるたびに遊んでいればプレイ時間も膨大になるでしょう。

 

つい最近まで、RPGが最も時間を費やすゲームだと考えていました。しかし、すぐ終わってしまうからと購入を避けていた格ゲーで、RPGでは追いつけないプレイ時間を叩き出しているのに、なんとも不思議な気持ちを抱いています。 

そのため、かなり遊んでいたつもりのドラクエ11が「まだ100時間」「たった100時間」との反応をされたことに、プレイ時間の感覚の変化がおもしろく感じています。

MMORPGは、別次元なレベルでプレイ時間を費やすためノーカウント。スマホゲームもデータを取ったら相当な時間を費やしていそうです。

どんなゲームにどれだけの時間を費やせるのかは、時代の変化とシステムの変化で変わってくるものだと思いました。

【LifeStyle】盲目になってしまいがちな手帳の値段

アナログ手帳を使い始めて早4年。来年も当然のようにほぼ日手帳を使うつもりでした。

f:id:fake_fake:20170922153946j:plain

糸井さんファンなのもあり、ほぼ日手帳信者です。

しかし、現在使っているA6サイズのほぼ日手帳(オリジナル)にちょっとした不満が出てきました。一見十分そうに見えるサイズも、今は少々小さく感じてます。書き込むスペースが狭い不満ではなく、ちょっと説明の難しい、ゆったり書くことのできない精神的な不満。

A5サイズのカズンを触ってみると、サイズは申し分ない。しっかりと手を添えられ、気持ちに余裕を持って書き込めそうです。

気になっていたほぼ日手帳2017のオリジナルは、今年もMOTHER2デザイン。ほぼ日ストアでは、カバーと手帳のセットで4,752円。カバーのみでは3,000円ほど。手帳のみでは2,000円くらいになります。

今まではA6のオリジナルを使用していたので、A5サイズのカズンに乗り換えた場合、カバーも必要になります。すると、カバーと本体のセットで6,500円くらいから。なかなか良い値段です。

お気に入りのデザイン、さまざまなデザインのあるカバーを重視したオリジナルを使うか。精神的な余裕を持つためにカズンデビューするか。悩んでいるところにふと、「手帳が5,000円近くって高すぎない?」という疑問が浮かびました。

書きやすさが大切なのはわかります。サイズが大切なのもわかります。手帳のレイアウトが大切なのもわかります。カバーなどのデザインが大切なのもわかります。しかし、値段に対しては何故ここまで盲目になってしまうのでしょうか。

好きなモノだからこそこだわるのは十分に理解できますが、一度この疑問が浮かんでしまうとなかなか払拭できません。

気になっているもう1つの手帳も5,000円くらいで、頭を抱えています。

 

そこで、フツウのノート書き込むのを検討中。

ここで問題になるのが、表紙の強度。いろいろなところへ出し入れすると、どうしてもへたってしまいます。そこをカバーできれば、書きやすさで1番信頼しているMDノートに決まりそうです。

ミドリ MDノート<A5> 方眼罫

ミドリ MDノート 方眼罫

 

記事を書きながら調べてみると、MDノートカバーも存在するようなので、かなり有力になってきました。

 

お金に十分な余裕があれば、気にせずほぼ日手帳を買うのになあ。とぼやきながら、自作に近い手帳を作る楽しみ方と、ノートを手帳に変える手法を考えるキッカケになったのもおもしろいカモ。と前向きに考えてみたりしています。

 

コチラもどうぞ

【LifeStyle】治療には信頼できる病院の先生が欠かせない

中学生まで病気知らず。病院なんて歯医者しか知らなかった僕が、ここ10年間はいろいろな病院をさまよっています。

原因は「心身症」

身体の異常は全くないのに、気分が悪い、めまいがするなどの不調が落ち着かず、本当にいろいろな病院へ行きました。今はだいぶ落ち着いて、かかりつけは心療内科だけ。

しかし、その心療内科の先生とは馬が合わず、文句を垂れながら4年も経過。不満が爆発したときは、「先生への反発エネルギーで治してやろう」と意気込んでいました。ところが、そんなうまくいくワケもなく、調子が良かったころに比べ、また別タイプの不調が続くようになりました。

さっさと病院を変えれば済んだ話です。しかし、心療内科は現在どこも患者がたくさんなようで、いくつかの病院へ電話をしても「新規は受け付けていない」「今のところで診てもらってください」との返答ばかり。それに加えて、病院を変えるめんどくささと、申し訳なさのようなモノがあり、ずるずると変えられずにいました。

そして、ようやく重い腰をあげて病院を変更。4年間お世話になった先生には、近場に変えたいと適当な理由を伝えました。新しい病院ではとても良くしてもらっています。

 

大嫌いな歯科は、病院の方針や先生と馬が合わずに転々としていました。最近になってやっと良い先生と出会えて、歯の治療に専念できています。

 

これらに共通していえることは、大切な自分の心身を預けるのに、マイナスな印象を持った先生ではダメだということです。それを身を持って体験しました。

健康に戻れる糸口が見つかったと思うと、希望と期待でわくわくするようにもなり、気の持ち方も変わったように思います。

 

セカンドオピニオンでも、かかりつけの病院を変えるのも、結局は自分自身のためです。率直に、病院に対する配慮は不要なのだと思います。

今の病院が自分に合わないと感じているのであれば、変更するのも全く問題のない選択肢の1つです。