読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おまめモ

Android、ゲーム、趣味、生活、気になったことをメモしていきます

【MHXX】スラッシュアックス テンペストアクス(斧)運用装備を考えてみた

Game_MH

MHXXが発売されて1週間。相変わらずスラアクばかり使っています。

そして、今作で追加された斧を強化する狩技「テンペストアクス」の存在が気になって仕方ありません。いろいろ試しながら装備や運用方法を考えてみました。

 

テンペストアクスの解放方法

ⅠはMHXより引き継ぎ後、気付いていたらもっていたために不明。

Ⅱは酒場G2「二人で特訓、成果は山分け」ハプルボッカ討伐後、ベルナにいる筆頭ルーキーより入手。

Ⅲは酒場G4「騎士と氷海の決闘」獰猛化ベリオロス討伐で入手。

Ⅱを飛ばしてⅢを入手することも可能。実際に順番が逆でぽかんとしていました。

 

斧運用を考えた装備

スラアク斧モードで最も大きな問題であろう、弾かれることを念頭に置き、切れ味にこだわりました。テンペストアクス発動中、もしかしたら弾かれ無効の期待もありましたが、実現せず。

武器は今作より追加されたアトラル・カのスラアク「宝斧の変幻する金属器」をとりあえず採用。ゲーム進行がまだまだなので、どの武器がベストか、あるいはベターか全く絞れません。

「宝斧の変幻する金属器」は切れ味+2で紫部分が長く、攻撃力も未強化で310と非常に強力。3つのスロットと防御力60も魅力的です。

f:id:fake_fake:20170326105053j:plain

強撃ビンであるため、剣での運用も十分に可能。

 

防具も、とりあえずで作ったディノX一式。装飾品なしで切れ味+2と剛刃研磨が発動。また、回避性能+のスキルポイントが頭と腰で計4あります。

f:id:fake_fake:20170326104907j:plain

宝斧の変幻する金属器

ディノXヘルム

ディノXメイル

ディノXアーム

ディノXフォールド

ディノXグリーヴ

 

護石

回避距離+6 1s

 

跳躍珠【3】、研磨珠【1】*5、回避珠【2】*2

切れ味レベル+2を発動させ、武器の切れ味を紫にしました。剛刃研磨で硬いモンスターに対しても切れ味を維持しやすく、砥石使用高速化でさらに切れ味をキープしやすい状態に。

防御面では回避性能+のスキルポイントを活かし、回避性能+1を発動。個人的にお気に入りスキルである回避距離UPを発動させ、回避力と鈍足さをカバー。

 

使用スタイルはレンキンスタイル。セットする狩技は「テンペストアクス」「エネルギーチャージ」「絶対回避」の3つ。

レンキン狩技砥石を使用し、テンペストアクスの発動しやすい状態へ持っていきます。続いてレンキンフエールを生産、レンキン狩技砥石と調合。レンキン狩技砥石を増産させ、ガンガン使って行きます。砥石使用高速化を採用したのもこのためです。

エネルギーチャージは会心率アップが付与されるためにセット。地味に武器出しにも繋がります。

絶対回避は納刀の遅いスラアクには重宝します。回避性能+1と回避距離UPが発動しているので、絶対回避をSPにして打ちまくるのもアリ。

 

広告

 

テンペストアクスの詳細

テンペストアクスⅢの入手後、あれこれ試してみました。

テンペストアクス発動時、若干移動速度がアップします。また、斧振り回しを5回ほど行ったあと、Xで叩きつけのようなモーションが追加されています。

動画前半は通常時、後半はテンペストアクス発動時。

この振り回しからの叩きつけが要だと思うので、積極的に振り回しを使っていきたいところ。

その他付与効果は不明なので、たくさん使って気付きたいと思います。

 

さいごに

テンペストアクスをベースに斧運用で少し遊んでみましたが、ビンの効果が完全に死んでいるのが痛いです。一方、攻撃力がズバ抜けて高いのにビンがイマイチといった、ビンを無視した武器を使用できるのが強みにも感じました。

また、剣モードとは異なり、スラッシュゲージの心配がなく、ひたすら斬り続けることも可能に。改めて斧攻撃の当たる位置を勉強する機会となり、新鮮な気持ちです。

さらに、テンペストアクス発動時は斧振り回しが高速化されるため、罠などで拘束した状態でのDPSはかなりのものかと思われます。強走薬と併用し、属性攻撃、状態異常攻撃をひたすら当てたらおもしろそう。

もしかすると大化けするかもしれないと思ったテンペストアクスでした。

 

コチラもどうぞ

【考え方】届かない言葉でも、伝えていきたい

考え方 カラダ/ココロ

ごはんを作ってくれた人にはありがとう。おいしい。ごちそうさま。残してしまったものにはごめんなさい。長く使ってきたものにはありがとう。頑張った人にはお疲れさま。元気のない人には大丈夫?僕は思っていることをなるべく言葉にするよう心がけています。

はたから見たら変わった人だったり、面倒な人と捉えられてしまうのでしょうか。

それでも言葉を伝えたいと思うのは、言霊を信じているから。漠然としたモノですが、言葉には力があると信じています。

相手がモノだった場合でも、そのままでいるよりは自己満足であれ、ありがとうなどの気持ちを発すれば伝わるはず。聞く耳を持たない人へでも、耳に入れば何かが残る。迷惑と感じていても、必ず何かに作用すると考えています。

言葉にする内容は主に直接的な意見ではなく、気持ちです。

ありがとう、ごめん、大丈夫などなど。あれこれ話すより、ストレートに気持ちを伝えた方がシンプルでわかりやすい。

相手にされているかわからない人へでも、僕は積極的に気持ちを伝えていきたいと思っています。気にかけてくれることは不快ではないですし、声をかけてもらったら嬉しい。そんな実体験から始まりました。何より声をかけることはノーコスト。「ありがとう」は使いすぎて困ることはありません。最も積極的に使っていきたい言葉です。

現在ではネットも発達して、遠くへいる人へも簡単に言葉を届けられるようになりました。文字にも大きな力は存在し、その力を信じているからこそ、こうして文字を書いています。

 

コチラもどうぞ

【Game】子どものときにハマった「MOTHER2」、大人になってクリアした感想

Game

僕がMOTHER2と出会ったのは小学生のころ。友だちが持っていて、少し遊ばせてもらったらドハマリ。友だちの家へ通い詰めて、遊び続けていました。このゲームはどうしても欲しいと思い、しつこく頼み込んで譲ってもらった思い出の品。その価格500円だったのもしっかり覚えています。しかし、RPGなのに通い詰めたのは迷惑だったろうなあと、今苦笑いです。

そんな思い出のゲームがNew3DSのバーチャルコンソールで登場しました。

発売直後に購入したものの、プレイまでの道のりは長かったです。散々プレイしていたため、中身をかなり知っているのが妨げとなっていました。

ところが、いざプレイしてみると、新発見がたくさんあり、懐かしいところもたくさん。今遊んでも心の底から楽しめたゲームでした。

 

ゆるい世界観を満喫

MOTHER2を語るうえで外せないのが、独特な世界観。ファンタジーではなく、リアルな世界がプレイヤーを引き込みます。

このゲームの回復アイテムは食べ物。

f:id:fake_fake:20170221175302j:plain

「カップめん」「おとなのドリンク」など、ここの品揃えは頑張る大人向けな様子。ハンバーガー、クロワッサン、クッキー、オレンジジュースなどなど、ここまで回復アイテムの多いゲームはそうないはず。パン屋にはパンが売っており、ハンバーガー屋にはハンバーガー、ポテト、コーヒー、お店にもこだわりがあっておもしろい。食べ物に限らずヘンなアイテムが多いので、説明を読むのも楽しみでした。僕のお気に入りは「ものさし」です。

 

モブへ話しかけるのも1つの楽しみ。

f:id:fake_fake:20170221180959j:plain

何を言ってるんだろうと笑ってしまう意味のない会話が、おそらく6割以上。ストーリーに関係のある話ですら、笑いへ持っていけるのはスバラシイと感心してしまいました。このゲームでモブへ話しかけないのはもったいないです。

 

RPGでは欠かせない毒、麻痺、混乱、石化の状態異常もMOTHER2では少し特殊。一番最初にかかるのは「きのこ」あるいは「カゼ」。そのほかに「きもちわるい」「ヘン」「ダイヤ」「にっしゃびょう」「ホームシック」など、妙にリアルなラインナップ。

f:id:fake_fake:20170216114155j:plain

状態異常を引き起こされる原因もわかりやすく、かつ現実的なため、納得できてしまう不思議。

 

システムと進行

3DSで改めてプレイしたとき、斬新に感じたのはエリア移動でした。ドラクエのような全体マップから町やダンジョンへ入るのではなく、全てが繋がった世界になっているため、ボスを倒すことよりも、町から町への移動が大きな節目のように感じられます。

f:id:fake_fake:20170221174711j:plain

少年がどんどん遠くへ行く。冒険をするというのは、こういうことを指すのだろうか。自分が子どものころを思い出してみたり。

 

ゲームの難易度については、非常にやさしいと思います。次へ進むためのレベル上げというレベル上げは不要。その場にいる敵を倒せれば通過できるレベル。昔はやたら苦労したところも、今ではサクサクと通過できてしまって驚きました。敵の行動を眺めたり、不要なところをうろついてみたり、道草を食っている間に強くなっています。

進み方に迷ったらヒント屋さんへ。

f:id:fake_fake:20170223101003j:plain

お金を払ってヒントをくれるシステムも斬新です。

 

さいごに

MOTHER2を20年ぶりにじっくりプレイしてみると、当時思っていたことと、現在感じたことが大きく異なっているのに驚きました。少年のときにはわからなかったことも今では理解してプレイできる。新しい発見もありましたが、記憶を使い、頭を使い、ゲーム慣れをして効率的に進めてしまう自分に、わずかな寂しさと年月の長さを感じました。

最強の道具である「ペンシルロケット20」を使ったのはほんの数回、SFCでは「クラーケンのスープ」と「いのちのつのぶえ」でいっぱいだった“もちもの”もスカスカ。「サイコキャラメル」は持ち腐れて売ってしまう始末。「いのちのうどん」も邪魔で倉庫入り。昔は頼みの綱だったアイテムも、立ち回りを覚え、コレクター精神、もったいない精神も加わった現在では、上手に活用できませんでした。

一方で、不要そうなアイテムを買ってみたり、使ってみたり、わくわくを感じられる場面も。

そして、最低国へ行くとき、アンドーナッツ博士がためらう場面では、当時ぽちぽち押していたボタンも、押す指が非常に重たくなり、しんみり。しょうもないことも、重たいことも、大人の事情も、今だからわかることが本当に多いストーリーでした。 

「大人も子供も、おねーさんも。」のキャッチコピーに納得です。大人になった今でも大満足でした。

 

SFCでやり残した「おうじゃのつるぎ」もゲットできてスッキリ。

f:id:fake_fake:20170228084924j:plain