おまめモ

おまめがメモをしています

【Game】e-sportsを観戦から始めてみませんか

テレビなどのメディアでもチラホラ取り上げられるようになり、少しずつ認知度を上げているe-sports。

ざっくりe-sportsを説明すると、ゲームを競技として捉えること。賞金が出る世界規模の大会も存在し、日本でもじわじわと熱が上がってきています。その賞金などで生活をしているプロゲーマーという職業も存在します。

 

僕がプロゲーマーの存在を知ったのが2年くらい前。友人との会話で「海外にはゲームで生活をしているプロゲーマーがいるのに、日本にはそういうのが全然いないよね」ということからでした。プロゲーマーとスポンサーの仕組みなどを聞いて、ゲームプレイを軸に生きる方法を知り、また、ゲームプレイが仕事になっていることに驚きました。

僕の思うプロゲーマーについてはまた別に書きたいと思います。

 

そして、教えてもらったプロゲーマーのワードを調べてみると、どうやら日本にもプロゲーマーがいるらしい。それが、僕がストリートファイターを再開するキッカケにもなったゲーマー、梅原大吾です。

彼は「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマー」のギネス記録を持っています。おそらく日本では最も有名な古株のe-sportsプロゲーマーでしょう。

その生き様や考え方は書籍化もされており、なかでもマンガは読みやすく、なかなかコアな場面があったり、さまざまな意味でおもしろい。

僕は梅原をキッカケに格ゲーを再開し、格ゲーのe-sportsを眺めるようになりました。

とりわけて、EVO 2017のときど vs Punkはものすごくアツかった。

スポーツ観戦をしている人を眺めて、どうしてここまでアツくなれるのだろう?と疑問しかなかった僕が、観戦でアツくなるのはこういうことだったのかと悟ったほど。

観戦でも十分に楽しめる、アツくなれるのは、やはり競技、スポーツとして相違いないと痛感しました。

また、格ゲーの良いところは、初見であっても勝ちと負け、優劣がわかりやすいところ。体力ゲージが減っていれば不利、ガシガシ叩いていれば有利。技に華やかさがあるなど、ゲームならではの見え方もあります。

加えて、e-sportsは老若男女関係なく、道具があれば始められるのも利点だと考えています。本気で始める人もあれば、やり方を知る程度の人もいるでしょう。実際に触るだけで試合の見え方は随分と変わってきます。そして、プロゲーマーのすごさ、勝つ難しさも体感でわかってきます。

 

今回は格ゲーに絞りましたが、e-sportsにはたくさんのカテゴリーがあり、おそらく対戦ゲームならなんでもOKではないでしょうか。シングルプレイであっても、タイムアタックで競うことも可能でしょうし、やり方次第でどのようにもなるはず。

e-sportsは実際にゲームはできなくても、観戦で十分楽しめます。それを僕は体験しました。誰かと観たくなるキモチからは、パブリックビューイングやスポーツバーへの理解も深まりました。僕にとってe-sportsは大きすぎる刺激です。

なお、直近ではEVO JAPANが1月26日より開催されます。

ぜひ観てみてください。

【映画】YESの答えが人生を変える「イエスマン」を観ていろいろ考えさせられた

年明けに、映画「イエスマン」を観ました。

あらすじは、何事にも「ノー」と答えるような消極的主人公が、とあるセミナーに参加して「全てのことにイエス」と答えるよう強いられます。すべての返答が「イエス」になってからは人生が激変する。というお話。

これがいろいろと刺激的で、もっともっと有名になって良いのではないかと思う作品でした。

最近は、僕自身アクションを起こすことを心がけていたので、見事に今の自分と噛み合った作品でした。

「ノー」といえば良くも悪くもアクションは起きず、「イエス」といえば、これまた良くも悪くも何かしらのアクションが起こります。

 

この作品では全てにイエスと答え、ほぼ全てがポジティブに作用しています。全てがポジティブに作用するのは、さすがに映画のなかのできごと。と思いきや、必ずしもそうはいえないようにも思いました。

主人公の最初のイエスはホームレスとのやり取り。自分がタクシー代わりとなり、ケータイも好き勝手に使われ、挙句の果てにお金もたくさん取られてしまいます。さらに車のガス欠が追い打ちをかけます。このときのイエスはおそらくネガティブなモノ。

しかし、これを機にホームレスからの信頼を受け、ガス欠からは新しい出会いが生じました。結果としてポジティブに作用しています。

この段階では「映画だから」となってしまいます。そう、映画の話です。

銀行員の主人公は融資の話も全てイエス。現実ならば必ずアウトな「イエス」です。しかし、お話では良い方向へ作用します。ここはコメディ映画ならではの展開でしょう。

 

イエスにも使い分けが必要だと考えますが、「イエスが起こすアクション」はとても興味深く、リスクのないものや、低リスクのものであれば、積極的にイエスであって良いと思います。また、未知のモノに対しても、わからないを理由にノーであれば、飛び込んでみるイエスもありかもしれません。

僕の場合は、わからないの理由からだいたいノーなので、昨年末あたりからは積極的にイエスを選択しています。もちろん全てがイエスでなく、たくさんのノーもあります。その辺は自分のサジ加減。

そして、今まで遠慮してきたものをやってみると、やはり嫌だったり、つからったりもしました。しかし、楽しいことや嬉しいこともたくさんあり、それはアクションを起こしたからこそわかったことでもある。というのが理解できるようになりました。

 

あらすじに書いた「イエスを強いられる」というのも、「イエス」に慣れるためのキッカケであると説明されています。今までノーだったことをイエスに変えるのは容易ではありません。そのために強いる。考え方として、うまくできていると関心しっぱなしでした。

 

「イエスマン」はとてもおもしろく、興味深い映画です。そしてコメディ映画なのがミソなのでしょう。これがリアリティのあるヒューマンドラマであれば、伝えたいことが飲み込みづらい作品になっていたように思います。おもしろおかしく、それでいて真理を突いていると思えた映画でした。

【Kindle】ホーム画面のおすすめを非表示にする方法

扱いづらさが気になるKindleのホーム画面。

f:id:fake_fake:20180107100156j:plain

ごちゃごちゃしていて、何がどれなのかわかりづらい。

「マイライブラリ」「読書リスト」「あなたへのオススメ」に加えてバナー広告まである僕の場合は、何が何だかわからない状態。
ほしいものリストである読書リストは、Kindle端末から電子書籍を購入しないので不要。そもそもKindleでブラウジングをしないため、オススメもバナー広告も全く使いません。

そこで、右上の「…」から、「設定」「端末オプション」「詳細設定」へと進み、「ホーム画面の表示」をオフに変更。

f:id:fake_fake:20180107210104p:plain

タップでオン/オフの切り替えができます。

すると、マイライブラリの表示のみになりました。

f:id:fake_fake:20180107210317p:plain

本棚のように並んでいます。

シンプルに本の表紙が並んでいるため、本を見つけやすくなります。なりよりロック解除直後にごちゃごちゃしていないのが良い。

どこに何があるのか、何がなんなのかわかりづらいだけで一気に操作が難しく感じてしまうのに対し、スッキリしているといじる抵抗も格段と少なくなります。本を売るための表示が、Kindleそのものを扱いにくくしてしまっては本末転倒だと思いました。

おすすめを非表示にする方法、おすすめです。

 

こちらもどうぞ

Copyright © 2018 おまめ All Rights Reserved.