おまめモ

おまめがメモをしています

【ポケモンGO】フリーザー討伐と捕獲の記録

ポケモンGOで「ルギア」と「フリーザー」が出現するようになり、さっそく探しに行ってきました。実装初日、ガチプレイヤーは必ず動くのを見越して、助けてもらいたい一心でポケモン探しの旅へ。

東京では、野良でフツウにバンギラスを倒せている衝撃な情報を聞いてから、地方での遊びづらさを痛感しています。地方でも、「人の集まる場所、時間、タイミング」で倒せないことはありません。しかし、それらが合致する時が非常に少ないのが問題です。

今回の伝説ポケモン実装は一種のお祭りであり、実装直後ならではのブーストがかかります。つまり、僕のようなライトプレイヤーも、一緒に戦えるレイドならば、ガチプレイヤーに助けてもらって伝説ポケモンをゲットできるチャンスがあるワケです。

 

1つめに見つけたフリーザーは人がチラホラいる感じでした。わりとアクセスの良い場所にいるのに「人はこれだけかよ…」と、少し苦笑い。ほぼ同時に車を降りた団体さんの後を追い、連れと一緒にレイドパスを使用して、人を待ってみました。すると、1人だけ野良の参加があり、3人でフリーザーへ挑戦。「こりゃあムリだ」といった具合でげんなり。

のちに先行していた団体さんに声をかけてみると、余裕で倒せたらしいです。先に声をかけておくべきでした…。

全く知らない人に声をかけてしまうあたり、僕はきっと人見知りではないはず。ちょっとイカツイ方もおられてビビっていましたが、 その方が一番気さくに話してくれました。またどこかで出会いたいと思いながら、そこだけの関係というのも、またおもしろい。

 

広告

 

続いて、ショッピングセンターで出現している情報を得て直行。「ここなら人もたくさんいるから大丈夫だろう」とバトル開始ボタンを押すと、ぞくぞくと人が集まってきて、15人くらい集まったと思います。過去最高3人だったのが一気に記録更新で15人へ。田舎でのレイドなんてこんな感じです。

ぽちぽちスマホを押しながら戦って、バタバタとやられていくポケモンたち。やはり伝説ポケモンは強い。なにより、周囲にたくさんポケモンがいるなかで戦っている新鮮さがすごかったです。「これがレイドかー」と感激。ホットなモンスターだけに、「これいけるんじゃね?」「いける?どう?」などアツく話しながらぽちぽち。

無事討伐しましてゲットチャンス。

f:id:fake_fake:20170724153919p:plain

見事に逃がしました。

一方で連れはあっさりとゲット。とても喜びながら、申し訳なさそうにしていて、「楽しかったらいいじゃん!おめでとう!」と声をかけました。

お互いにログインボーナスも切れてしまうライトなプレイヤーです。連れは、お祭りにアツくなるところがあるので、僕よりも連れのほうへ行ってくれて良かったと思っています。なんて言いながら、あとになってグチグチいうイヤな僕。

 

さいごに

今回の、伝説ポケモンのレイドに参加して思ったのは、地方ではとくにタイミングが大切だということがわかりました。人がスカスカな状態では伝説ポケモンに勝つのは難しいです。人が集まれば倒せるので、土日や夕方など、人がアクティブなときが狙い目です。また、駅やショッピングモールなどの人が集まる場所もポイント。あとはそれっぽい人へ声掛けできたら最高ですが、怪しい人と間違えられても嫌なので、そこは注意。

これらのほかにSNSや某掲示板の活用も便利です。それこそ目的が一致した人が集まりやすいマストドンが便利そうにも思えますが、いろいろ面倒なのがまた壁なのでしょう。

今後、レイドのような多人数参加型イベントが開催された場合、たくさんの人が動く、なるべく早いタイミングがチャンスをつかむポイントのように思いました。

 

とりあえず、週末にまたフリーザーを探してみようと思います。次はルギアにも出会いたい。