おまめモ

おまめがメモをしています

【Like】コーヒーのサブスク、おもしろいよ

2021年4月からサブスクコーヒーを利用しています。月に1度郵送でコーヒーが届き、7月で4回目になりました。このシステムはなかなかおもしろいです。

 

僕がお世話になっているのはPostCoffee。45g*3種類(9杯分の豆)で税別1,480円で提供されています。

毎回このような中身のモノがポストに届きます。

f:id:fake_fake:20210708180552j:plain

開封前からコーヒーの良いにおいが漂っていてワクワクしてしまいます

キッカケはInstagramの広告にPostCoffeeの「コーヒー診断」が表示され、診断結果に惹かれて契約となりました。(契約した直後に初回限定割引クーポンが表示されるようになったのが非常につらい。)

 

コーヒーのサブスクリプションでイチバンのおもしろく感じるのは、自分で選ばないところです。

自分でコーヒーを買いに行く場合、スーパーや某輸入食品店であったり、はたまたカフェであったりコーヒーショップであったり、購入できる場所や購入するモノがかなり絞られがちです。

それが一方的に送られてくることにより、普段自分で選ばないモノや得られないモノを口にする機会を得られるのが新鮮でした。

一月の間にさまざまなコーヒーを飲むおかげで、流行りの酸味が強いコーヒーではあっさりめが好きで、しっかりしたモノは苦手。酸味が抑えられたコーヒーでも、しっかりしすぎると得意ではないことが判明しました。

PostCoffeeでは届いたコーヒーにフィードバックが可能で、その結果で送られてくる内容も変化する仕組みになってます。契約から3か月までは酸味系が2種入っていたのですが、今月は1種に減りました。主に欲しているのが酸味の少ないタイプなので好みが反映されてるのでしょう。

 

また、1種45gなのも絶妙です。45g*3は個人的に1ヶ月分には少し足りません。しかし、短いスパンで少量を使い切れること、3種類を楽しめるメリットはとてつもなく大きいです。1種200gの豆を買うと途中で飽きてしまい使いきれないことが頻繁にありました。使いきれない豆はやはり捨ててしまうので、使い切れる量だけ手元にあるのは心にも優しいです。

 

自分で選ばないコーヒーに風味の説明があったとしても、淹れてみるまで香りや味はわかりません。僕にはそこがとにかく楽しいポイント。そして、淹れる道具、環境、体調、心境によっても、都度変わっていくがまたおもしろいです。少量しか手元にないからこその一杯の重みがたまりません。

コーヒーのサブスク、お試しアレ。

Copyright © 2021おまめ All Rights Reserved.