おまめモ

おまめがメモをしています

【Blog】好きなことを書くときには、筆が乗る

このブログの「LifeStyle」や「考え方」あたりは、自分のことを書き出すので、だいたい筆が乗っています。昨日アップした記事(【考え方】僕は自然たっぷりな田舎が好きらしい - おまめモ)も、さらさらと書き終えました。投稿された記事を読み返すと、ナンダコレと思う部分もありましたが、勢いに乗せて軽快に書いたものは、素の言葉なのではと、これも良しと見るようになりました。

それこそ先日アップした、書きたいことを書けば良い(【Note】自分のブログなんだから好きなことを書けば良いじゃない - おまめモ)に通じてくる部分です。

 

全て書きたいことを書いていますが、好きなことに加えてアクセスアップも狙った記事は、思うように筆が進まないこともしばしば。おそらく、書いていることが湧き出てくる思いではなく、ピンポイントで書きたいことが決まっているために、肉付けが難しいからではないでしょう。きちんとした肉ではなく、ぜい肉ばかりがついてしまったり。好きなことを書くにも肉付けは大変です。

また、オススメを紹介する文も苦手。終始解説ばかり書いてしまい、魅力を感じられないと指導を受けたこともあります。筆が乗らないときは、思いではなく、目に見える部分で繕おうと考えてしまうのも僕の良くないところ。自分の熱量が伝わりにくい文章で、人に魅力を伝えるのは相当難しい技術です。

 

したがって、自分の思いをつづるのは比較的ラクなために筆が乗るのでしょう。

記事が書けないことに悩んでいる場合には、好きなことを書いてみるのがオススメです。カテゴリを絞っている場合でも、ソレについて思うことは多々あるでしょうし、自分の文章をまず書きだしてみるのが良いと思います。

Copyright © 2018 おまめ All Rights Reserved.