おまめモ

おまめがメモをしています

【ピクトロジカ】ランク50までの思い出

先日ピクトロジカでランク上限の50になりました。

f:id:fake_fake:20150513105758j:plain

さらにその数日前にはノーマルクエストもクリア。

ランクの上限までかなり緩いゲームなので、ランクをカンストしてから一部の方がいう「チュートリアルの終了」となるのではないでしょうか。

もしかすると、まだチュートリアルの最中かも。

ぼくは上限に達するまでそこそこ時間がかかったため、思い出もその分たくさんあります。

Twitterを使いメモをとっているので、ツイートを引用しながらランク50までの思い出を、その時の雰囲気を再び楽しみながら振り返りたいと思います。

だらだらとたくさん貼りますので、お付き合いください。

PICTLOGICA FINAL FANTASY - Google Play の Android アプリ

 

「これはお前の物語だ」

  

記念すべきピクトロジカの初ツイート。

これはまだチュートリアル

 

初めてモーグリが探してきてくれたメモリアは導師でした。

この頃は現在よりもノンネームドキャラがザラでしたね。

おそらくネームドは数名ほどしかいなかったような?

導師には中盤までケアルでたくさん助けてもらい、今でもレベル30でスタンバイしています。

 

当時はジェムの配布があまりなく、アイテム枠、メモリア枠の拡張にジェムの購入が必須だった印象があります。

 

初めて参加したイベントではライトニングが報酬でした。

個人的には結構頑張ったつもりでしたが入手できず。

 

連続で行われたイベントではヴァニラを入手しましたが、グレードアップアイテムが入手できず微妙なポジションでお蔵入り。

トナカイティーダ、サンタライトニングも枠の圧迫要員で困っています。

 

ユウナのイベント期間はほぼお休みしていて入手ならず。

入手できたところでグレードアップアイテムがないため、お蔵入りしていたでしょう。

 

ぼくを含め、フレンドにもあまり熱量の高い人はいなく、まったりプレイが続いていました。

 

しばらくして転機が訪れます。

大好きなFF9のネームドキャラであるベアトリクスを引き、一気にモチベーションがアップ。

さらにTwitterでピクトロジカーの方々と交流するようになり、楽しくなっていきました。

 

今まで力のメメントでゴリ押して来ましたが、アルテマウェポンで詰まります。

フォロワーさんからアドバイスをいただき、他のメメントの重要性を知りました。

 

およそ3ヵ月半でランク30に。

今思うと、本当にスローペースかも…。 

 

なかなかネームドキャラが引けないため、唯一のベアトリクスが強くなっていくのが嬉しかったです。

 

エクサバトリアも少しずつ参加できるほどの強さになりました。

 

ようやく2人目のネームドキャラを引くも、まさかのベアトリクスがダブります。

この時のことはよく覚えており、思い出すと失笑ものです。

ちょうど心境をツイートしていました。

 

エクサバトリア後は、前回こんなことあったっけ?と思うような華やかさで、まさにお祭りでした。

メニュー画面のどこへ行っても流れるお祭りのBGMは心地が良いです。

 

いただいたアドバイスを参考にアルテマウェポンを討伐。

初めての長期戦でした。

 

レア度4の武器を作るのは材料が大変だったのも良い思い出。

 

モリモリ集めているわりに、グレードアップする武器がなかったり。

 

わりとつい最近ランク40になりました。

 

知恵のメメントの使い勝手の良さに気付き、主に知恵のメメントを使うように。

 

サイファーがランキング報酬になった時のエクサバトリアはTwitterのTLが殺伐としていて怖かったです。

いや、エクサバトリア時の殺伐さは前回からかな…。

 

ようやくベアトリクス以外のネームドキャラをモーグリから入手。

ファリスは攻撃力もそこそこ高く、黒魔法の補正が高いので、知恵のメメントと相性抜群。

 

先日まで行われていたリノアイベント。

立ち回りを重視したボスで、新鮮味があり楽しかった。

 

ネームドキャラの数が増えてきたためか、ぼちぼち出るようになりました。

今欲しいのはアーロン、スタイナー、ユフィ、セルフィあたり。

 

そして、ランク50となった翌日のツイート。

 

ぼくの周りには随分前からランク50の方がたくさんいて、そろそろ上限を解放した方が良いのではと思います。

ランク上げもやることの重要な一つですし、上限が解放されたらモチベーションもガッツリ上がるはず。 

イベントも定期的に行われているので、ノーマルクエストはまだ保留としても、ランク上限は解放してほしい。

鹿さん、お願いします。

 

〆に一番の思い出を挙げると、やはりベアトリクスのダブりです。

あの喜びから落胆への差は本当にすごかった。

稀に体験する気分の高低差だったと思います。

楽しかったなぁ…。

 

以上、ぼくの物語でした。

長々とお付き合いありがとうございました。