おまめモ

おまめがメモをしています

【Game】3DSの終焉が見えた気がした

3DSでドラクエ11を絶賛プレイ中ですが、3DSの終わりが見えたような気がしました。

 

先日、3DS版ドラクエ11で見たイベントをPS4版でも見たくなり、YouTubeで眺めていました。3DS版とPS4版でイベントそのものに差異はありません。しかし、あまりのグラフィックの違いに驚愕。3DS版で遊び続けるのが少しつらくなるくらいショックを受けました。

わずかなネタバレをも回避するのため、今までCMやPVやTwitterで共有されたスクリーンショットを避けており、そして、グラフィックの違いを確認する目的で動画を見てしまったため、その衝撃は凄まじいものでした。

グラフィック面ではPS4の完勝です。しかし、2頭身が好きな人もいれば、ドットで遊びたい人もいるため、きちんと区別されているのが救いです。「ドラクエっぽさ」を求めるなら3DSでしょう。また、大画面で遊ぶのに慣れていない人は、据え置きハードだと簡単に疲れていしまうのもポイントです。

 

そして、3DS版ドラクエ11は、3DSのウリである、3D立体視に非対応。テレビCMにも、先日発売されたnew2DS LLがデモ機として使われています。これには3D立体視を切り捨てた印象を受けました。

ドラゴンクエストXI「楽しみにしすぎる藤原竜也」篇 - YouTube

僕自身3DSの3D機能は全く使っていません。どこかでは「3Dをオンした縛りプレイ」と揶揄されているのを聞きました。これが「うまい」と思えてしまうほど、ゲームには不向きな機能に感じています。

new2DS LLがnew3DSシリーズの3D機能だけを削いだモノと考えれば、値段も安くなって損はありません。しかし、newではないストレートタイプの2DSは、コンパクトな旧3DSと同じスペックということもあってイマイチな印象でした。

【3DS】ニンテンドー2DSは3DSの廉価版と考えたら手を出しづらい(加筆修正しました) - おまめモ

現在new2DS LLのスペックはハッキリしていません。new3DSシリーズのみに対応していたバーチャルコンソールがプレイできるようなので、3D機能を削いだだけのハイスペック仕様なのかもしれません。

Newニンテンドー2DS LL ホワイト×オレンジ

Newニンテンドー2DS LL ホワイト×オレンジ

 

 

また、2017年7月にnew3DSが生産終了したのに対し、これからを担うnew3DS LLの解像度に対応したゲームが少ないのに違和感を覚えます。

散々遊び倒したモンハンシリーズ。確実なヒット商品なのに、なんでこんなに粗いのだろうと不思議でした。MHX、MHXXもnew3DS LLではザラザラして見えます。

f:id:fake_fake:20160906220001j:plain

MHXのMiiverseを使用したスクリーンショットは、これだけ小さくして滑らかに見えるような雰囲気。しかし、実物は粗さが目立ちます。

一方、MHXより前に発売された4Gは、画質も動きも滑らかに感じており、何故このようになったのかよくわかりません。

そのモンハンシリーズも、MHXXがNintendo Switchより発売されます。内容が同じとはいえ、3DSとのグラフィックの違いは息を呑みます。

色が鮮やかで、動きも滑らか。Switchでプレイしたら3DSに戻ってこれないのではないかと心配に思うほど。

モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.

モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.

 

 

また、ポケモンシリーズの開発も進んでいるらしいです。サンムーンの続編かは不明ですが、テレビでも遊べ、携帯もできるSwitchならば、続編が出ても問題なく遊べるでしょう。

 

3DS下画面のタッチパネルは現役の強みであり、反面、必要か疑わしいところでもあります。

ポケモンではタッチパネルで触れ合える機能があり、モンハンではショートカット機能で活用しています。しかし、その他ゲームではあまり使用していません。非常に扱いが難しい要素なのでしょう。

タッチパネルのないSwitch版MHXXでは、3DSと比べてどのくらい狩りの仕様が変わっているかが試されます。これによりタッチパネルの価値が変わってくるでしょう。

 

あとは動画配信、画面キャプチャにおいては、3DSは非常に大変。Switchは危ない橋を渡らずにできるのもネックです。

 

Switchはこれひとつでテレビに繋ぐ据え置きタイプと、持ち運びができるポータブルタイプで遊べる、非常に魅力的かつ強力なハードです。いってしまえば、Switchの携帯モードが3DSに成り変わるのだろうと考えています。

新しく発売された2DS LLは、単純に3DS LLの廉価版のような気がしており、そのまま緩やかにSwitchへ移行していくのではないでしょうか。Switchがまだ潤沢ではないのが問題ですが、うまく流通できていないところが、移行期間となっているのではないかとぼんやり考えていました。

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

 

【DQ11】3DQ版ドラクエ11の攻略メモ(随時更新)

ちょっとつまづいた、つまづきそうなところを簡単にメモ。

f:id:fake_fake:20170806102858j:plain

攻略なので、ネタバレがあります。

 

 

・クエスト「共闘のススメ」で使う「ビーストモード」は、主人公、カミュ、セーニャの3人れんけい技。クエストを受けたばかりでビーストモードを狙うのは難しいため、後回しにするのが吉。仲間が増えたときに、ゾーン状態で控えにし、タイミングを見計らってワイバーンドッグのところへ行きましょう。

 

・クエスト「極楽への導き」の達成条件は、「聖なる祈りを使用」し「アンデッドマンを倒す」ことですが、「バンデルフォン地方」にいるアンデッドマンに限定されています。

 

・クエスト「幻の闘士はどこに?」のデンギルスは井戸の中にいます。

 

・クエスト「明かりを絶やさず」の「キラーアンブレラ」は壁画世界にも出現します。コチラは「極楽への導き」とは異なり、討伐すればクリアとなります。

 

 

コチラもどうぞ

【LifeStyle】マインドフルネスメモ その2

前回のメモからおよそ2週間が経過して、今日までのメモ。

【LifeStyle】マインドフルネスメモ その1 - おまめモ

 

・以前より集中できていない感じが強く、常に雑念まみれ。始めたばかりのころの不思議な感覚になれない。

その対策として、2点、3点に意識を集中させているのだが、意識を集中させている部分への集中はできていて、ただひたすらそこに注目しているだけ。今までの集中とは違った感覚。

不安などの余計なことを考える隙がない面では、これも一種の集中なのかもしれない。

とても落ち着くのか、うとうとしてしまうときも出てきた。

 

・マインドフルネスを行う前に、座禅で知った「調身(ちょうしん)」を行っている。ざっくりと座りやすい位置を探るのだが、主に腰やお尻をフラフープのように動かしてラクな位置を探る。そこで、普段あぐらを組む際、右足を上にするのに対し、ラクなのは何故か左足を上にする方法。謎だ。

また猫背気味な背中も、背骨を反り、お腹を前に突きだすラクな姿勢にキープできる。この座り方はこの本に書かれていたラクな体勢。

痛くない体のつくり方 姿勢、運動、食事、休養 (光文社新書)

痛くない体のつくり方 姿勢、運動、食事、休養 (光文社新書)

 

  

・目をつむって体を触っていると、視覚に頼らないため、いつもと違った感覚で自分を知れる。

1.両足の人差し指が長いように感じる。

2.両足の親指は太い。

3.足の甲が高い。

4.右手人差し指の第二関節あたりを押すと痛む。

とりあえず、この4点。

 

・体を触りながら意識を集中させていくとだいたい20分程度行える。このくらいが安定ライン。やはり終わったあとはいろいろとスッキリする。最も変化を感じるのは、せかせかとした気分が落ち着くところ。終えるたびに普段早口なのが、ゆっくりになっているのを感じられる。

 

・マインドフルネスの効果か謎だが、外を歩いているときに人目を気にしなくなった。これはかなり大きい変化。 

 

 

常に何かを考えている状態なので、指先や手の動く側と足や首の受ける側へ意識を集中するだけで頭が考えない状態に移行できる。その結果、頭が休まる。リセット、リフレッシュ、リスタート、休息など、さまざまな面で使えそう。

現状損に感じるところはないので、これからも続けていこうと思う。