おまめモ

おまめがメモをしています

【docomo】スマホを初めて修理に出した話

2015年12月に購入したF04Gが、購入して1年が過ぎたときに突然再起動が止まらなくなりました。

スマホ起動時のバイブ、docomoのロゴ表示、そして再起動がかかるようで、これが延々とループ。少し様子を見ていましたが収まる様子もありません。ブ……ブ……ブ……と、一定時間ごと鳴る再起動時のバイブ音が非常に不快。docomoショップへ持っていく間もこの状態で、不快を超えて気味が悪いと思うようになりました。

docomoショップへ持ち込んだのもつかの間、店頭でも操作を受けつけないようで、強制的に初期化をかけても良いか尋ねられました。僕はデータを本体に保存していたため、スッカラカンになってしまうわけです。お店側も、同意を得られないことには初期化できないのは承知の上。しかし、やはり僕も消したくないので「初期化しないとどうしようもないんですよね?」とイジワルな返答をしてみたり。そして、渋々初期化をお願いました。ところが、強制的な初期化さえできませんでした。再起動ループが収まらないため、そのまま修理工場へ。

修理中はdocomoから代替機を出してもらいました。これを壊してしまうと17,000円支払わなければいけません。代替機を使っていた間は生きた心地がしなかったのと、よくわからない理由で代替機を持たされているのに、それを壊したら大金を取られる理不尽さにモヤモヤ。 

 

今回修理に出したF04Gを購入する前に、8月に一時販売停止した情報もしっかり押さえていました。 僕が購入したのは販売が再開していた12月。再販もかかったし、大丈夫だろうと思っていたのが甘かったようです。

事象の内容

「ドコモ スマートフォン ARROWS NX F-04G」をご利用のお客様において、カメラが起動できない、電源が入らない・再起動を繰り返す、画面の表示が乱れる等の事象が発生しております。

事象の原因

ハードウエアの一部不具合(基板部分の接続不良)

報道発表資料 : 「ドコモ スマートフォン ARROWS NX F-04G」の販売を再開 | お知らせ | NTTドコモ

弊社の携帯電話「ドコモ スマートフォン ARROWS NX F-04G」において、ハードウエアの一部不具合により、カメラが起動できない、電源が入らない、再起動を繰り返す、画面の表示が乱れる等の事象が確認されたため、販売を一時停止しておりましたが、ハードウエアの改善により、不具合が解消されたことから、販売を再開させていただきます。

報道発表資料 : 「ドコモ スマートフォン ARROWS NX F-04G」の販売を再開 | お知らせ | NTTドコモ

ハードウエアの改善により問題の事象は解消されたらしいので、再起動のループは偶然起こったことなのでしょうか。修理結果票には、基盤の故障があったため、基盤を交換した旨が書かれてありました。結局、原因はわからないまま。そして、いつ何時何が起こるかわからないのを痛感しました。

 

さらに、ちょうどF04Gを購入する際、ケータイ補償に入るのをやめようと考えていました。

ケータイを持ってから入り続けているこの補償は、1度も利用したことがありません。毎月数百円ずつ支払っていて、どれだけかけ捨ててきたのか。どうせ使わないサービスならと、申し込まないつもりでいました。しかし、「契約から14日以内でなければ申し込めない」の文句に押され、今回は入っておいて良かったと思えます。

コチラに非がないような、原因のよくわからない今回の場合でも、「保証対象外で5,000円かかるかもしれない(逆にケータイ補償に入っているから5,000円で収まる)」と言われたときには、なかなか納得できず、修理に出すのも躊躇していました。決まりとして言わなければならない、支払いの可能性が0ではないから伝えなくてはならない、とはいえ、納得できない支払いはしたくありません。

 

スマホをかなり慎重に扱っているため、落とすことも滅多になく、いつも買い換えたばかりのようだと言われています。そんな僕が、先日スマホをアスファルトに落としてしまい、結構な傷を負わせてしまいました。

f:id:fake_fake:20170424164410j:plain

画面より少し高くなっている縁がえぐれました。

f:id:fake_fake:20170424164507j:plain

ストラップホールのある角側も欠けています。

上部のアルミ部分にも傷があり、ここは少し引っ掛かって肌が危険に感じるときもあります。肝心の画面に影響がなかっただけ幸いでしたが、やはり補償には入っておくべきだと思いました。

本当にいつ何時何があるかわかりません。もしものときのために、これからも補償へは入っておこうと考えさせられた一件でした。

 

コチラもどうぞ