おまめモ

おまめがメモをしています

【Health Care】アトピーの近況

1年ほど前に再発したアトピーなのですが、皮膚科の先生によると治ったと診断されました。

ぼくのアトピーの症状をざっくり説明すると、背中、脚、胸、腕、頭皮、顔、ほぼ全身のかゆみで、個人的な体験ですが少しでも同じ悩みを抱えている方の参考になればと思い、これらの症状がほぼ改善された流れを書きました。

 

ちょうど1年ほど前にアトピーが再発し、起きている間は掻く事を抑える事ができるのですが、寝ている間はどうしても抑えられず、背中、腕、脚を掻き、かゆみで夜中に起きてしまい、イライラしながら眠れない日もたくさんありました。

あまりにしんどいので皮膚科を受診し、処方された薬を使用し続けていましたがなかなか改善されないので、別の皮膚科へ行こうと決断し、そこの先生は皮膚科専門医という事で期待を抱き受診しました。

 

皮膚科専門医とは?下記リンクを参考にしてください。

皮膚科専門医

皮膚科専門医のお話を聞いた時は驚きました。

 

新たに受診した病院ではアトピーが起こる原因から詳しくお話をしてくださり、とても勉強になりました。

一番驚いた事は成人が全身に塗る薬の量が12gという事(おそらくこの病院で処方される薬での計算)で、12gという数値が漠然としていて、どのくらいか尋ねたところ、前の病院で処方された薬が25gなので、これを2日程度で使い切るくらいと聞いた時には、ものすごいインパクトがありました。

f:id:fake_fake:20130219215347j:plain

青いキャップの容器に満タンで25g入ります。

わかりにくいですが、一応比較できるようにいろいろ置いてみました。

全ての塗り薬がこの分量を塗るのではなく、ぼくの処方された塗り薬が成人で12gという事であり、処方された薬の種類により変化すると思うので注意してください。

また、良くなったと勝手に判断し、薬を塗る事、飲み薬の服用を止めてしまう事が一番良くない事とおっしゃっていて、まさに自分の事だと苦笑い…。

ぼくのアトピーは軽度なので1週間で治ると断言され、またまた驚きました。

 

処置室で薬の塗り方を教えますと言われ、正直「余計なお金がかかる」と思っていたのですが、これがまた想像とは全く違うものでした。

薬の塗り方の指導と共に、ぼくの身体にはどのくらいの塗り薬が必要か量る事も含まれていたようです。

いざ塗っていただくと、自分の薬の塗り方は間違っていた事に気付かされ、塗り方の指導を受けずに帰宅したら、間違った塗り方をずっと続けていたと思います。

よく塗り薬は擦り込むといいますが、今回この病院で処方される薬は、ほぼ保湿剤なので大量に消費したっぷり塗るという事もあり、サーッと撫でるだけでした。

この要領でぼくが1度に消費する薬の量は約9gらしいです。

大量に塗るので、帰宅の際に全身ペタペタで気持ち悪かったのがとても印象的。

 

1週間、かゆみ止めの飲み薬の服用と塗り薬を教わった通りに塗り続けたら、皮膚の傷、乾燥はなくなりました。

ちなみに薬を塗る時は入浴後のみで、入浴後10分間が勝負らしく、この10分間が一番皮膚に浸透する時間だとおっしゃっていました。

2,3日は全身のペタペタがなかなか慣れず不快に感じていましたが、そのうち特別意識もしなくなり、かゆみは受診した日からほぼなく、夜もぐっすり眠れました。

手も乾燥で荒れていたので薬を塗り、綿の手袋をしてスマートフォンはタッチペンで操作していました。

プリンストン iPad/iPhone/iPod touch専用タッチペン (ブラック) PIP-TP2B

プリンストン iPad/iPhone/iPod touch専用タッチペン (ブラック) PIP-TP2B

ぼくは入浴後から就寝時までの間のみ手袋を着用しているのですが、これだけでもするとしないでは全く違います。

 

そして1週間後、再度診察を受け、肌はほぼきれいになっており、もう薬は不要と診断されました。

たった1週間で本当にほぼ治った事に驚いていて、傷もかゆみもない事がとても嬉しく感じています。

しかし、正確にはストレスや体質など様々な問題から簡単に改善されるものではなく、症状が一時的に治まっているというのが本当のところで、今は治まっているけど、少し症状が出たらすぐ薬を塗って抑えてくださいと言われました。

つまり治ったとは言っても波があり、治まった状態から、またかゆくなったりもするので、すぐ処置をし悪化させない事が一番重要だそうで、波の小さい内に鎮めてしまうという事です。

他に、薬を塗るわけでなく、入浴後に保湿剤やボディクリームを塗った方が良いのか尋ねたところ、これまた驚いた返答をいただきまして、別にどちらでも良いと言われました。

塗るに越した事はないけど、毎日塗らなきゃいけない事が負担に感じて、それがストレスになってもいけないとの事です。

こんな事がストレスになるの?と思いましたが、その程度のわずかなストレスが保湿剤を塗るより大きいアトピーの要因になる可能性があるとぼくは受け取りました。

結局ぼくは入浴後に薬と保湿剤を選んで塗っています。

 

幼少の頃もアトピーに悩まされていましたが、気付けば治っていたのに再発したので、またかゆくなっても初期段階で抑える事を続けていけば、いつかかゆくなる事自体がなくなるのでは?と考えています。

完治というのはなかなか難しいと思いますが、肌をきれいにするという事は可能だという事がわかり、また勉強になりました。

身体はだいぶ良くなったのですが、頭皮、顔がまだかゆい事が多々あるので、薬を毎日塗り続けています。

アトピーの事をそういえばと思えるような生活が戻ってくる事を願って。