おまめモ

おまめがメモをしています

【DQ11】3DSの3Dモードと2Dモードのメリットとデメリット

3DSのドラクエ11は、しばらくの間、上画面が3Dモード、下画面が2Dモードで表示されます。始めたばかりのころは、「終始このままでプレイするのか」と不安でした。

ある程度ストーリーを進行すれば、上画面がメインになり、3Dモードか2Dモードか選択が可能になります。また、冒険の途中でも教会のメニューから変更ができます。

 

表示変更時のメリットとデメリット

最も大きいと思うのは、モンスターとバトルが開始される、エンカウントシステムの変更です。

3Dモードでは、モンスターとの接触でバトルが始まるシンボルエンカウント。2Dモードでは、過去作のドラクエと同様、歩いていると突然バトルが始まるランダムエンカウントに変わります。

 

DQ11には3Dモードのシンボルエンカウント時、モンスターと接触前にダメージを与えるシステムがあります。

f:id:fake_fake:20170729105859j:plain

これが結構なポイントだと考えており、序盤なら一桁のダメージでも先制で与えられる恩恵は非常に大きい。後半になれば二桁くらい与えられるようになるのでしょうか。どちらにしても、ダメージを与えてからバトルが開始されるのにデメリットはありません。

また、シンボルエンカウントの特徴として、戦うモンスターを選別することができます。面倒な攻撃をしてくるモンスターを避け、倒しやすい敵と戦えば、レベル上げもやりやすくなります。

f:id:fake_fake:20170729110839j:plain

シンボルエンカウントであったDQ8ではメタル系も選別できたので、今作もメタル系だけを執拗に狙ったレベル上げも可能なはず。

一方、ランダムエンカウントの2Dモードは、まずどのような敵が出現するかわからないドキドキが得られます。しかし、3Dモードと異なり、先制ダメージを与えられないのが、後半どのように影響するのか。そして、うろうろと歩き回らなければ敵が出てこないのがストレスに感じるかもしれません。また、敵を回避しながら歩けない点もあります。これはピンチのときに痛いポイント。

 

広告

 

続いてはフィールド表示について。

3Dモードを使っていて感じたのが、「どこにいるのかわからない、どこを向いているのかわからない」でした。それを解消してくれるのが2Dモードです。

f:id:fake_fake:20170729105541j:plain

縦軸、横軸のみ、画面回転もなく、3Dに慣れないプレイヤーは2Dモードが圧倒的に扱いやすく感じるはず。僕もコチラのほうがお気に入り。タルやタンスもわかりやすく、3Dモードでは画面を回転させなければ見つけづらい落し物やアイテムも見つけやすいのが嬉しい。

一方で、グラフィックに物足りなさを感じるときもしばしば。イベント進行中に「3Dで見たらどのような表示なのだろう」とモヤモヤするときがあります。また、2Dモードでは壁に見えるところが、3Dモードで視点を回転させるとドアや洞窟になっていたりするので、出入口を見逃してしまうのが2Dモードのデメリットだと考えます。

 

追記

3Dモードはフィールドにヨッチ族が表示されます。2Dモードで表示されないのはかなり痛いところ。ヨッチ族にも強さがあるので、最終的な要素として見れば、冒険途中はスルーしても問題ないでしょう。ときどき3Dモードでヨッチ族を回収しておけば2Dモードでも十分に楽しめます。

 

さいごに

どちらも良いところ、扱いにくいところがあって、片方だけをプッシュすることができません。

僕はとりあえず迷子が最大のストレスなので、2Dモードで遊んでいます。落し物の回収も安定して、何より目が疲れづらい。エンカウントはメタル系を狩るときに3Dモードを活用したいと考える程度で、何と遭遇するかわからないワクワクを楽しんでいます。

初めて出会うキャラクターが3Dグラフィックで眺められないところだけ、不満を感じています。イベント進行中の特殊モーションや回想の幼い場面、どんな感じだったのだろうとため息が出てしまったり。

 

追記

冒険中盤あたりで、イベントシーンを再度見ることが可能になりました。そこでは2D、3Dの選択もできます。イベントシーンに関しては深く考える必要はなさそうです。

 

遊んでいくにあたり、さらにメリットやデメリットを感じていくと思います。複数のセーブスロットがあり、縛りプレイシステムもあるようなので、2D、3Dを切り替えながら何度も遊ぶのが本来の遊び方なのかもしれません。

そしてMiiverseに対応してほしいです。

コチラもどうぞ