読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Blog】最近のMYブログ事情

昨年の7月頃から、自分の感じること、思うことを書くようになりました。

それから少しずつ読者登録をしていただいたり、はてなスターはてブをしていただく機会が増えています。

以前は自分の中の「はてな」から客観的に見て需要のありそうなネタを記事にしていました。

当たり障りのない記事が多く、一生懸命時間をかけて、伝えたい気持ちも込めてはいるものの、筆がなかなか進まないときが多かったように思います。

あまり主観的なことは入れないよう意識していたのが原因だと考えていますが、それも書き方の勉強のつもりで行っており、結果的に逃げてしまったように幕を閉じました。

現在では客観視した書き方も頭の一部において、主観をメインに書いています。

「伝えたいことが変わってきた」のが一番の変化なのでしょう。

なにより、全く関心がないであろう、反応もないであろうと思って書いている「自分のこと」へ反応があったとき、心の底から嬉しく思います。

 

はてなスターを活用していますか?

ところで、皆さんは「はてなスター」を活用していますか?

f:id:fake_fake:20150129232024p:plain

私のはてなスターの使い方は、「読んだよ」「いいね!」の意味がほとんどで、いわば「あしあと」のようなものです。

したがって、徘徊中は迷惑にならない程度にスターをポチポチつけていきます。

さらに特別な感情を抱いたものにはカラースターをつけます。

しかし、貧乏性なためカラースターを使ったのは数えるほどしかなく、自分でも全く覚えていません…。

前にどこかで「はてなスターをつけたら、消してくれとの連絡が来た」と、ビックリする記事を読んでから、スターは慎重に使うよう自分なりに気を付けています。

 

コメントは活用していますか?

ホームページを営んでいた頃にはBBSなどでコメントのやりとりをしていました。

ウン年前のはてなダイアリーではコメント欄を閉鎖していたと思います。

このブログでもコメント欄は閉鎖しています。

閉鎖している一番の理由は、コメントをいただけるような記事を書いていないから。

というのも、ハウツー記事ばかりだったため、コメントなんていだけるわけがないと思っていました。

 

はてなブログを徘徊していると、定期的に訪問するブログが出てきてコメントをする機会もできています。

自分が書いたコメントに返事をいただけると嬉しくなり、こんな気持ちになるんだっけ、と懐かしく思ったのが印象的でした。

ウン年前と異なり、ブログへのコメントがとても敷居の高いことのように感じるのは何故でしょう…。

今ではしばしばコメントを書くようになりました。

そこで生まれるブロガーさんとのコミュニケーションがまた嬉しく、楽しい。

コメントを送る側、コメントを受ける側、コメントに返信する側、全て今行えば新鮮な感覚なのだろうと、少し胸をときめかせています。

 

 

ブログ開設時は、一人でもくもくと更新していこう。そう考えていました。

それがはてなスターのあしあと、コメントのやりとりで、人と繋がれることを知り、ブログの新しい一面、本質に気付けたような気がしています。

ブログってやっぱり楽しいね!