おまめモ

おまめがメモをしています

【Note】お腹いっぱいになった自己啓発本

『うまくいっている人の考え方』を読んでとても良い刺激を受けました。

その一方で、読み進めながら自己啓発本に「もうたくさん」と感じるようにもなりました。

『うまくいっている人の考え方』は素晴らしいことがたくさん書かれている良書です。それは否定しません。しかし、「ちょっと違うんじゃないか」「これはこうしたほうが」などとも考えるようにもなり、今現在僕自身が大きく変わっているのを感じています。

書かれていることを全て丸呑みにする、丸呑みにしたいのが以前の僕で、書かれていることを1つの考え方として捉えているのが今の僕。それだけ少し前の僕は自分に自信がなく、本に頼りきりのあやふやな存在だったのだとわかった気がします。

「こういった内容を求めている人が買う本だよなあ」と自己啓発を客観視していて、少し冷めている状態の今は、自己啓発本は不要なのだと感じました。

 

本にはアドバイスが書かれているもので、答えが書かれているものではない。答えが書かれてあっても、実行しなければ反映されない。そんなことを考えた一件でした。

Copyright © 2018 おまめ All Rights Reserved.