おまめモ

おまめがメモをしています

【ポケモンGO】雨の日にわざわざ外出をさせるチカラ

ポケモンGOに天候が実装されて、早一ヵ月が経とうとしています。

この天気ブーストは、今までになくポケモンの捕獲に影響しているシステムだと思いました。

 

天候が「晴れ」であれば、炎、草、地面タイプのモンスターに星の砂やCPのブーストがかかります。先日までレイドに出現していたグラードンは地面タイプ。そのため晴れの日にはブーストがかかり、捕獲時のCPが通常よりも高くなります。晴れの日には率先して捕獲へ向かっていました。

晴れの多い地域では、晴れブーストのかかるグラードンに遭遇しやすいのは嬉しい反面、現在出現している水タイプのカイオーガは「雨」の天候でブーストがかかります。なかなか雨の降らない地域では、ブースト状態のものを捕獲する苦労が容易に予測できました。

f:id:fake_fake:20180119170706p:plain

僕の地域では珍しい雨。実生活では嫌なのに、ポケモンをするには嬉しい天候。

そして先日、珍しい雨の天候、現在出現している水タイプのカイオーガが噛み合って、ちょっと探しに行くことに。

雨の中、わざわざ外出させるこのチカラはすごい。関心を超えて恐怖のようにも思います。

発見したカイオーガのレイドには、雨の日が少ないのと、仕事終わりの時間帯だったために尋常ではない人の数。おそらく20人3組くらいが一瞬で作られたと思います。人口の多い地域、賑わっている施設ならまだしも、地方の閑散とした公園でこれだけの人が集まるのは、レイド実装直後でもなかったように思います。自分を含めて狂っていると笑っていました。

f:id:fake_fake:20180119171823p:plain

天候一致なだけでかなりCPが違います。捕獲できなかったのが残念。

ポケモンGOリリース時には、「押しても引いてもダメだったひきこもりの人が、ポケモンGOをキッカケに簡単に外へ出るようになった」話が印象的でした。そして今回なかなかの雨の中、また出不精の僕が参加しているのに、ポケモンGOのチカラを改めて感じています。

これからどのような革命を起こしてくれるのか、さらなる期待をしています。

Copyright © 2018 おまめ All Rights Reserved.