おまめモ

おまめがメモをしています

【手帳】ほぼ日手帳をブックカバーに入れて使ってみる

2018年の手帳は「自分にしっくり来るモノ」をテーマとして物色した結果、来年もほぼ日手帳を使うことになりました。

世の中には本当にたくさんの手帳があるので、毎年物色していきたいと考えています。「書き記す」という点においては日本語にこだわる必要はありません。そこにも着目して探していきたいです。

 

そしてほぼ日手帳には欠かせないともいえる、手帳カバー。来年はブックカバーを使ってみようと思いました。

f:id:fake_fake:20171016100100j:plain

ほぼ日手帳のオリジナルは文庫サイズ。したがって、文庫本のブックカバーであれば、手帳カバーとしての役割も担うことも可能。

かわいらしいブックカバーを見つけたので、さっそく被せてみるとキレイに収まりました。

f:id:fake_fake:20171016100613j:plain

カバーがまだ硬いので、慣れるまでぎこちない感じがありそうです。

また、ブックカバーにはペンホルダーもポケットもありません。そこがどのように作用するか。

などと考えていたら、やはりしっくりくる純正カバーに戻ってしまいそうな予感。しかしながら、手帳カバーはゴツゴツと重たい印象なのに対し、ブックカバーからは手軽さを感じられます。あれこれ不要な人にはブックカバーでも十分そう。

まずは少し使ってみて、それから再検討です。

 

コチラもどうぞ

【LifeStyle】盲目になってしまいがちな手帳の値段 - おまめモ