おまめモ

おまめがメモをしています

【Android】スマホを両手で使うならQWERTY入力もアリ

スマホのサイズが毎年大きくなっていき、ついに片手で操作するのが困難と感じるようになりました。

とくに文字入力は大問題です。片手で操作しやすいよう、キー画面を左右に寄せる機能が欠かせません。また、画面が大きくなったせいで、親指を無理に伸ばすのが当たり前になり、関節に支障が出てしまうような気がしています。現にそれが気になり、今回のQWERT入力を使うようになりました。

 

僕が使っているのは「Google 日本語入力」アプリ。

Google 日本語入力 - Google Play の Android アプリ

単語の変換機能が非常に強く、愛用しています。

そして、キーボードレイアウトをケータイ配列から「QWERTY」へ。

f:id:fake_fake:20170917153024p:plain

スマホはフリック入力に慣れているため、しばらく違和感が抜けません。PCの入力と同じなので、難しさはとくになく、記号、絵文字の変換に少し戸惑うくらいです。

QWERT入力に変えてから、右手親指の負担はものすごく減りました。キー入力画面もスマホ画面最大まで引き伸ばし、画面の大きさを活かしています。フリックでもないため、1タップごとの入力もサクサク。

デメリットは、片手で入力しづらく、日本語は基本的にキーを2つ叩かなくてはならないところ。

フリック入力でも、両手で使うならそこまで親指を伸ばさないことに気付き、少々困惑しながらも、フリック入力にまだ慣れていない人にはオススメできる方法なのではないかと思いました。また、ちょっと変わった入力方法で注目を浴びたい人にも向いているかもしれません。

日本人に定着しているフリック入力は確かに便利です。しかし、もう1つの入力方法として、QWERTY入力も十分アリだと考えています。

Copyright © 2017 おまめ All Rights Reserved.