おまめモ

おまめがメモをしています

【LifeStyle】ごはんをゆっくり食べるためにアニメを見る

1人でごはんをもくもくと食べていると、5分10分で食べ終えてしまうことがよくあります。

一気に食べてしまうせいで、満腹に気付かず食べ過ぎてしまう。よく噛まないせいで、お腹が重たくなってしまうなど、食べ終わってから苦しくなってしまうのが嫌なので、ゆっくり食べる大切さを考えるようになりました。

大切なのはわかっていても、なかなか実行に移せないのが問題です。「ゆっくり食べなければ」と気付くのはだいたい食べ終えてから。これがまた悔しい。

 

ゆっくり食べるのを気にし始めたとき、何気なくアニメを見ながらごはんを食べて、1話終わってしまっても、ごはんを食べ終えていないのにハッとしました。それからアニメをちょこちょこ見るようになり、ごはんにかかる時間がアニメ1話ぶんの30分程度になりました。

垂れ流しているテレビを見ながらや、それとなくごはんを食べていると無意識にぱくぱく進んでいまい、気付けば10分もかかっていないのが多かったのに対し、アニメを見ながらのごはんは、アニメに集中するのか、ゆっくりと食べるのに効果的。1日1話で進めていき、次は何を見ようかと考える楽しさも出てきます。とりわけてお昼ごはんには効果的な気がしています。

スマホがあればどこでも見られる見放題サービスは素晴らしい。

しかし、アニメに見入ってしまって食事を疎かにしないのが大前提。僕はきちんと「いただきます」「ごちそうさまでした」はいうよりにしており、食べることへも意識を向けています。ゆっくり食べることも大事ですが、におい、見た目、味、食感なども大切にして食事をするのがベストです。

ごはんをごはんの時間として捉えるのが1番良いのでしょうが、どうもそれが難しい。「ながら」は良いとはいえませんが、流し込むように食べるよりはマシなのではないかと思います。もしくは、本当にごはんだけに集中するのもアリかもしれません。