おまめモ

おまめがメモをしています

【Game】ダウンロード版よりパッケージ版の購入が無難かもしれない

僕は3DSのソフトをダウンロード版で購入しています。ソフトの差し替えがなく、遊びたいソフトがいつでも遊べるためです。唯一のデメリットであろう、売ることができない部分は、そもそも手放すことがないのでダウンロード版で十分に満足しています。

しかし、この頃はダウンロード版ソフトに不満を持つようになってきました。

その不満とは、パッケージ版よりもダウンロード版のほうが価格が高いことです。

データ販売のダウンロード版は、安定供給が可能なため、小売による価格変動がありません。パッケージ版が品薄状態のときは、ダウンロード版のほうが安くなる場合もあります。しかし、この品薄状態になることが現在では極めてマレなため、実際はパッケージ版よりダウンロード版のほうが安定して高くなっている現状です。

購入を検討していた3DS版ドラクエ11は、2017年7月18日現在、Amazonで18%オフの5,272円で販売されています。定価の-1,186円です。

f:id:fake_fake:20170718110552p:plain

 

一方のダウンロード版は、定価の6,458円です。

f:id:fake_fake:20170718110627p:plain

 

ドラクエ11のダウンロード版を購入すると、即支払いが確定しました。そして、3DS本体に「あらかじめダウンロード」としてダウンロードが開始されます。つまり、Amazonの最低価格保証はなく、既に「購入」と見なされてしまいました。

今まで購入していたモンハンシリーズやポケモンは、ダウンロード版も10%オフで購入できていたため、積極的にAmazonで購入していましたが、ドラクエ11はこの価格で決定されているようです。

 

「Amazonだからパッケージ版がここまで安いのだろうか」と、近隣の店舗も覗いてきました。やはり最低1割程度の値引きがされており、Amazonがとくべつ安いといった感じではありません。

ポケモンサンの購入あたりから、パッケージ版とダウンロード版の価格差に違和感が芽生え、最近ではパッケージ版のほうが良さそうにも思えてきました。ドラクエ11でいえば、1,000円を超える価格差は非常に大きい。

 

また、3DSが現行機であり続けることは絶対にありません。今後必ず後継機が登場します。その際、「SDカードにダウンロードされたソフトはどうなるのだろう」と、疑問と不安が出てきます。

いつまでも3DSを所持できるならば、所持しているならば、ダウンロードソフトも生き続けられますが、本体を手放せば、ただのデータとなってしまいます。仮に10年、20年が経過し、現在のゲームがレトロゲームとして見られるようになったとき、SDカードに入っているデータよりも、ソフトが存在していたほうがおもしろいのではないかと思います。

 

散々ダウンロード版を推しておきながら、現物のあるパッケージ版が安定しているように思えてきました。双方のメリットを深く考えると止まらなくなりますが、今の僕は、「パッケージ版のほうが良いのかなあ?」といった考えにシフトしています。

 

コチラもどうぞ