おまめモ

おまめがメモをしています

【Note】高価な買い物をする際にビビってしまう話

僕のおかしなところ?の1つに「高い買い物をするときにビビる」があります。

高い買い物をするときはビビることもあるだろうと思いますが、僕の場合はそこまで高額でもないでもドキドキそわそわしてしまうのが悩み。この場合は悩みというより、むしろ良いことなのかもしれません。

というのも、ビビってしまう理由として、「本当にそれが必要なのか」が大きな鍵となります。

たとえば、スマホ、ゲーム機、PCを購入する際、「本当に買う必要があるのか…?」と考え込んで気分が悪くなったりします。現在使用しているNew3DSLLも、旧型であるからといって使えなくなるワケではない。スマホも同じく、まだ問題なく使える状態で、新しく購入するのに抵抗が生まれてしまいます。

これらの買い物でビビるのに、周囲から笑われてしまうのが、なかなか堪えます…。

一方で、「これがいいかな」と思えばホイホイ買ってしまったりする部分もあります。ゲーム機なんかより断然高い車を購入するときは、少し渋りながらも、わりとあっさり決断。前に使っていたカバンもヒトメボレな感覚で購入しそうになり、周囲に一度止められて仕様を眺めて踏みとどまったり、自分がよくわかりません。

 

僕は考えに考えて購入を検討すると、(気分が悪くなって)見送るような傾向にあるように思えました。対して、探しているモノ、欲しいモノに関してはズバッと買ってしまうタイプなのでしょうか。

落ち着いて考えてみると、モノを使い潰す性格が関係してそうな気もしてきます。お気に入りなモノをひたすら愛でる。壊れるまで愛でる使い方から、まだ使えるモノを新たに買い換えるのには抵抗がある。このように考えました。

しかし、壊れたら取り返しのつかないデータが存在するスマホやPCのようなモノは、比較的抵抗のハードルは低いように感じます。

 

誰が得するのかわからないようなことを書きだしてみて、「1つのモノを長く使いたいのが影響して、特定の買い物に対し抵抗が生まれている」のを発見できたような気がします。これは僕が得をした内容でした。理由がわかってスッキリです。