おまめモ

おまめがメモをしています

【Books】Instagramで本の検索、そしてさらなる出会い

大好きなゲームがひと段落すると、僕は本の虫になります。最近はもっぱらKindleで読んでいますが、先日は紙の本を読み、あまりの感動からInstagramにも写真をアップしました。

Twitterとほぼ同様の内容でInstagramに投稿。InstagramはTwitterと棲み分けをしたいので息をひそめています。

 

Instagramへアップする際は、タグをもりもりつけるのが定石になっているようで、今回は #読書 #本 などのタグをつけて投稿。すると、読書好きな人や本が好きな人からぼちぼち「いいね!」をいただきました。

僕はいいねを押していただいた人のところへ訪問するのが趣味。今回は本がテーマなため、訪問先のアカウントには本の写真がたくさん並んでいました。写真のコメントにはあらすじや感想が書いてあったり、おもしろそうと思える本がたくさん。また、ジャケットから興味をそそる本も数えきれないほどありました。本を人へ勧める点において、写真+コメントのInstagramは適しているのかもしれません。

 

さらに、検索で #本 #読書 #読書記録 などを検索してみると、たくさんの本が表示されます。画面上部には関連タグが表示されるので、そこから幅広く検索も可能です。

f:id:fake_fake:20170706111533p:plain

検索結果の画面は本屋さんのよう。いつまでも見ていられる雰囲気です。気になった本をタップすれば少なからず詳細が見られますし、知らない本と出会える場所になっています。

気になった本をメモし、書店へ向かい、その本を探す。その間にまた素敵な本と出会う。そんな妄想をしているとわくわくが止まりません。

 

人さまがInstagramに本の写真をアップすることは、僕にとって、本棚に本が交ざるような感覚です。本の存在をアピールし、本と出会う可能性を間接的に広げられているような、そんな雰囲気。また、そこから人との出会いがあるかもしれません。

何気なく使っているタグは、他人の動向を見る以外の活用として、今回の方法が挙げられ、奥が深いと思いました。

 

コチラもどうぞ