おまめモ

おまめがメモをしています

【Twitter】Twitter Liteは速度制限がかかったときにも便利そう

先日Twitterの軽量版、Twitter Liteが発表され、すっきりとした画面に刺激を受けました。

 

まずはPC版から。

PCからTwitter Liteを試してみると非常にシンプル。PCブラウザからでもモバイル版のURLで表示が可能です。

https://mobile.twitter.com/home

f:id:fake_fake:20170530104615p:plain

通常のブラウザ版に比べて、Twitter Liteは両サイドを削いだ1カラム仕様。

 

f:id:fake_fake:20170530105019p:plain

PCブラウザでは、ツイートしたメディアの確認やおすすめユーザーの表示などの便利な機能が多々ありますが、それらが不要な人にはPCでもTwitter Liteのほうが扱いやすいかもしれません。

 

広告

 

 

そして、真価を発揮しそうなスマホ版。

Twitter Liteは通信環境が良くない場合での使用を目的としているため、速度制限を受けている状態でもストレスを軽減しながらTwitterが楽しめそうです。実際に試してみたいのですが、なかなか制限がかからないフクザツな悩み。

Twitterだけでもデータ使用量が多い、またはTwitterだけでもデータ使用量を減らしたい人にもオススメです。

Twitter Liteのご紹介

 

スマホでTwitter Liteを開くと、僕の場合はChromeが起動します。

https://mobile.twitter.com/home

デザインやUIは公式アプリとさほど変わりません。

f:id:fake_fake:20170530113135p:plain

開いたページを、メニューにある「ホーム画面に追加」から、ショートカットを配置します。

次からは追加されたショートカットをタップするだけでスマホブラウザのTwitter(Twitter Lite)が開くのですが、不思議なことに全くブラウザな感じがしない仕掛けになっています。

f:id:fake_fake:20170530114112p:plain

更新で下へ引っ張ってもアドレスバーは出てきません。まるでアプリを操作しているようです。

また、Chromeの場合、設定をすれば通知もきます。

f:id:fake_fake:20170530115034p:plain

 

Twitter Liteではおすすめのアプリ、誰かのいいねの表示もなく、ストレートにTLを読めるため非常に快適。

何気なく有効にしていた動画の自動再生も、Liteではタップして動画を再生します。動画は自動再生されているから見るのであって、再生されていなければ"見ずに済む”ように考えるキッカケとなりました。

写真や画像を見ているとき、スワイプで戻れないところだけウーンといった感じです。

 

メニューから「データセーブ」を開くと、よりシビアに通信量を制限できます。

f:id:fake_fake:20170530144031p:plain

設定をオンにすると、画像表示に制限がかかります。サイトのサムネイルなどは不要とも思えたり、いろいろ価値観の変わるおもしろい設定です。

 

Twitter内に溢れている視覚的情報を一時的に止めて、見たいものを見極めて自分で選ぶことは、情報が溢れかえっている現代で重要なことではないかと考えます。そして、情報を少し制限しているだけなのに、随分Twitterの見え方が変わるのにとても驚いています。

 

さいごに

シンプルなデザインで、TLがサクサク読めるTwitter Lite。ただのブラウザ版とは思えない素晴らしさです。Twitter公式アプリを入れなくても、十二分にTwitterを楽しめます。

また、Twitter Liteはブラウザからの表示なため、アプリに必要な容量もかかりません。スマホの容量がカツカツな人にもオススメのウェブアプリです。