おまめモ

おまめがメモをしています

【ポケモンGO】僕にとってポケモンGOはゲームではないらしい

先月末、スマホでプレイしていた、いくつかのゲームをアンインストールしました。現在ではログインボーナスをもらうだけのモノが2つほど。「スマホで全然ゲームしなくなったなあ」と考えていたら、ポケモンGOの存在に気付きました。毎日起動しているのに失念。どうやらゲームと認識していないようです。

 

僕はポケモンGOを散歩のオトモとして起動しています。

動くキッカケとして重宝しているゲームであり、ゲームシステム自体にはあまりこだわっていません。ジム戦にはほとんど興味がなく、起動する目的は図鑑を埋めること。新しいポケモンに出会いたい。そのための活動アプリになっているような認識です。

とはいえ、ショッピングセンターや普段行かないところでは積極的に起動するため、散歩だけに使っているともまた違います。「○○がココにいる」と聞いて飛んでいくような、ガツガツしているわけでもないのが、僕らしくない、不思議なところ。いつか出会えれば、そんな気分でキラクにいられるのが精神的にも良いように思います。

 

これらのことを考えていたら、行動を起こすアプリとしてポケモンGOは素晴らしいアプリのように感じられました。やれスタミナだ、やれイベントだとせかせかするものでもなく、"とりあえず課金をすれば”とも異なる、時間と体力も使うマイペースで遊べるアクティブなゲーム。

フレンド関係もなく、他人と競う要素も少ない。1人で遊んでいるようでありながらも、ルアーなどマルチな部分もある。攻略を難しく考えるところもないため、対象年齢も幅広い。それでいて飽きにくい。非常に興味深いジャンルのゲームです。

 

「さてやろう」、そんなふうに思わせることなく、ポケモンGOは僕の生活に食い込んでいます。

f:id:fake_fake:20170507114816p:plain

大好きなベトベトンとも気付けば50km以上も歩いていました。飴も欲しいですが、ベトベトンとも歩きたい。とりあえず100km目指して歩いてみようと思います。

Copyright © 2017 おまめ All Rights Reserved.