読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Twitter】Twitterはログよりも垂れ流し向きな気がしてきた

僕はTwitterをログとして活用しています。オンラインでツイートを保存するTwilog、Evernoteへ保存するツイエバを使い、2重でログをとっていました。そのため、何かに関連するツイートには積極的にハッシュタグをつけています。

ハッシュタグをつければ、自分のログを検索する際に便利であり、また同一の興味を持つ人にツイートを拾われやすくなります。

 

便利なつもりでやってきたことが一瞬で崩れ去ったのが先日。Twitter登録時から始めているTwilogは、昔のツイートが誰でも簡単に覗けてしまうことへ、恥ずかしさと恐怖を感じるようになりました。そもそもログをとっていてもほとんど管理したりはせず、たまに過去のツイートを読んで呆れたり、苦笑いしたり、枕に顔をうずめたくなったり、ネガティブに作用する場合が多すぎます。そんな僕のツイートがまとまって置かれているのに嫌気がさし、Twilogの削除に至りました。

 

Twilogを削除してからは、ブログに載せるツイートをツイエバから探すようにしています。

f:id:fake_fake:20170211213107p:plain

ツイートをまとめてくれるツイエバは本当に便利。なにより自分しか見られないのが個人的には最大のポイント。

 

SNSを使うにあたり、周囲に気を遣う「SNS疲れ」といった言葉が生まれる現在で、僕もまさにSNS疲れ真っ最中。こんなことをツイートしていいのだろうか。意味があるのだろうか。誰が見ているかわからない。勘違いされたらどうしよう。こんな時間にツイートして良いのか。などなど、挙げたらキリがなく、いっそのこと辞めてしまったらスッキリするだろうと思います。疲れたと感じながらも楽しい部分があり、簡単にやめられないのがつらい。それなら思いっきり楽しむ方向で、周囲を必要以上に気にせず、つぶやきたいことをつぶやく。それでいいんじゃないかという結論に達しました。

よって、キレイに見せてログを取る方向から、どうでもいいこともツイートする、垂れ流しスタイルに移行できたらと考えています。こんなことを考えていること自体めんどくさい。

そもそも140字制限の手軽に投稿できるサービスは情報管理には不向き。まとめたいならばブログなど制限のないサービスを使うのがベターだよね。なんて思いながらモヤモヤしています。あまり深く考えずにTwitterを楽しみたい。