読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おまめモ

Android、ゲーム、趣味、生活、気になったことをメモしていきます

【ウル4】ウル4脱初心者を目指すメモ

ハマっているウル4のプレイ時間が100時間を超え、やっと初心者の出口が見えかかっている気がしています。

f:id:fake_fake:20170125182543p:plain

そこで、ウル4脱初心者のコツをリストアップしてみました。

 

・ぴょんぴょんジャンプをしない

空中からの攻撃と一気に間合いを詰めるジャンプ。ジャンプ強攻撃からの足払いは簡単かつ強力なコンボです。誰に教わったわけでもないのにホイホイ使っていました。

このコンボはダウンも狙えて強力なのですが、ジャンプ中は案外隙だらけ。「あ、ジャンプ攻撃が来る」と確認してからでも撃ち落とせる攻撃がたくさん存在します。よって、不用意にジャンプで攻め込むと撃ち落とされてダメージを負ってしまいます。

ジャンプ攻撃を撃ち落とす方法を知っておくと、やり込んでいるプレイヤーからも勝ちを得られるチャンスがあるため、必ず知っておくこと。

 

・隙を見つけたら投げる

相手の大技が外れた、スタンで隙ができた、そんなとき、大ダメージのコンボを確実に繋げられるのであれば、それを撃つのがベスト。しかし、確実ではない場合には投げを選ぶのが無難です。簡単に発動でき、安定したダメージを出せる投げは有力な選択肢。少し余裕ができたらセービング、前ダッシュ、投げがベスト。

 

・ガードを使う

初心者がガンガン攻め込んでいると攻撃が単調になってしまい、絶妙なところに付け込まれてしまいます。間合いを把握し、ヒットアンドアウェイがベター。

また、攻撃がガードされているならば、わざわざ深追いせず、距離を取るのもあり。変則的に対応できるようにあれば、なおよしです。

 

・体力が少ない理由で超必殺技を使わない

コチラの体力が少なく、負ける確率が高い場合に「当たればラッキー」と超必殺技を発動するのはタブーです。しっかりヒットすれば逆転を狙える技で、ラッキーを狙うのはもったいない。戦況が不利なときほど慎重に使いましょう。

 

・弱攻撃の活用

弱攻撃はモーションが地味ながら、発動が早く隙が少ない攻撃手段。大ダメージを狙って振りの大きい攻撃を乱発するよりも、手数で勝負したほうが有利に持ち込めます。 

 

・自信を持って勝ちを狙う

「まだ始めたばかりだから」と負けを前提に戦っていたときがありました。予想以上に気の持ちようで勝敗が決まる試合があり、改めて考えてみたポイントです。

自分は弱いと思っていてはなかなか勝てず、有利に持ち込んでも動揺して負けてしまう場面が多々ありました。そもそもなんで勝てないと思っているのだろう?自問自答をし、自分だって練習している、勝てるんだと、勝ちを前提に挑むようにしてから、勝率が上がり、格上に対して有利に運んでいる状況でもあまり動揺しなくなりました。

 

・いろいろキャラを使う

先入観でキャラクターを毛嫌いせず、いろいろ使ってみると新しい道が拓けます。僕はオーソドックスなキャラクターが嫌いなアマノジャク。今になってようやく王道キャラを使ってみたところ、これはこれでおもしろい。対人戦で相手の使っていた行動を知れるのもメリットです。なかなか勝てない相手がいたら、同じキャラを使って手の内を知るのも勝利の鍵。

普段使わないキャラを使うことで、下がっていたモチベーションがまた上がれば、なおハッピー。

 

・人の戦いを見る

人が操作しているのを見るのはとても参考になります。闇雲にひたすら練習をしているよりも、プレイ動画を見ているほうが練習になったり。動画サービスを駆使して、うまい人のプレイを見てみましょう。

同様に操作している人の手元を見てみると、またひとつ何かが見えるかもしれません。

 

・疲れたら休む

戦士には休息は欠かせません。疲れたら休む。これは鉄則です。

まじめな話をすると、疲れている状態では楽しくプレイできず、集中力も欠け、ボロカスに負けてしまうだけです。

 

・コンボはリズム

通常攻撃を連続で繋ぎ、必殺技へ繋ぐコンボ。スムーズに扱えるまでには練習が必要です。そのコツとして、ボタンを押すタイミングを見極めるのが大切になってきます。

たとえば、1秒間にボタンを連打して4回押したとしても、実際にキャラクターが行動を起こしているのは2回であれば、残りの2回は無駄に押しているワケです。1秒間に2回しか行動を起こせないボタンなら2回だけ押すのがベスト。連打してしまうと無駄なボタン入力が割り込んでしまいコンボがうまくできません。

よって、コンボを練習する際は、必要なだけのボタン入力で行えるようにリズムを感じ取って練習しましょう。

 

さいごに

思いつくものをバーッと書いてみましたが、深く探ればもっと出てきそうな気もします。とりあえず、今回はこのへんで。

つまるところ、格ゲーの結果は勝つか負けるかです。どれだけテクニカルに相手を翻弄しても、負けてしまえば技術点は0。地味な攻撃でKOしたって勝ちは勝ち。

とはいえ、僕はそこまでストイックにはなれず、どこかほんの少し遊び心を求めています。せっかく楽しいゲームなのだから、わいわい楽しく、そしてアツく、さらに本気で遊びたい。そのためにも日々精進です。

 

コチラもどうぞ