読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Books】すぐに読める本となかなか読めない本

本を読む楽しさを知り、スローペースながらも続けている読書。しかし、このところ一向に本が読み終わりません。読むモチベーションもやや低下気味な気もします。その原因は本の内容でした。

現在読んでいる本は名言などの書かれている「言葉」の本であるため、本自体のテンポが非常に悪い。

f:id:fake_fake:20161018112134j:plain

それでそれで?と勢いよく読むタイプではなく、一つひとつ噛みしめて読むタイプ。よって、続きが気になるよりかは、何気なく手が伸びる感じに読み進めています。

素敵な言葉が集まっているので、いつも以上に付箋をペタペタ貼っていましたが、途中で全てを剥がしました。おそらくこのタイプの本は読むタイミングにより、心にしみる部分が大きく異なるはず。今ココが良いからと付箋で印を付け、のちに読んだとき、べつの部分の、今しみる部分を逃してしまったらもったいない。ふと本に手が伸びたときはきっと心が荒れているとき。そのときまた初めから読み始め、潤いを得られたらと思います。

 

言葉の書かれている本は一気に読むよりも、目の届くところに置いておき、何気なく読むのがベターな気がしてきました。無理に読み進めるのではなく、無意識に求めたときに読む本。そんなタイプのモノもあるのだと新しい世界を知ったような気分です。

ボールのようなことば。 (ほぼ日文庫)

ボールのようなことば。 (ほぼ日文庫)