おまめモ

おまめがメモをしています

【チラ裏】ブログを辞めようかとしばしば思う

このブログを始めて4年目が経過し、開設したころに比べ、状況や心境がかなり違うのをひしひしと感じています。

ブログを更新するのが大好きなので、今でも常に記事の種は拾い集めていますが、記事に起こして植えるのが少々億劫になってきているように感じています。というのも、趣味として始めたブログの趣旨がブレブレなため、自分で何がしたいのかわからなくなってきているのです。

 

好きなことを綴っているブログなので、スマホのこと、ゲームのこと、アプリのこと、経験談、感想文、カテゴリはたくさんある分、それぞれの記事数は多くありません。したがって、リピーターが増えません。ゲームの記事に興味を持ってくれた方に対して、スマホのことばかり書くようになったらつまらないでしょうし、そのへんがやはり、ジャンルを絞ったほうが良い、とのことなのでしょうね。

次に、人様のブログを読む際、純粋に読めなくなっている自分に嫌気がさしています。ここに広告を貼れば見られやすいのかな?この共有ボタンをよく見るけど使いやすいのかな?こういうレイアウトが良いかな?と学ぶ姿勢が強い反面、文章だけを読めない体質になりました。訪問先の素敵な記事を読み終えて、こういう内容があるならこれも行けるかな?と、気持ちの方向が違うのに苛立ちを感じたり。

最後はアクセス数の問題です。人生で初めてブログを開設したときは、1日10人のアクセスが嬉しく感じ、毎日100人も来るようになったときには心から嬉しかったのを覚えています。最近では大きく変動のないアクセス数が気になり、どの記事にアクセスが多いのか。そこから派生して記事を作れば需要があるのか。今日はいつもよりアクセスが少ないから何か書かなきゃ。などなど、数を気にしてしまっています。最も大切である「書きたい記事を書く」ではなく、「アクセスが少しでもあるような記事を書く」要素も加わってきているため、書かなきゃ書かなきゃと自分自身に迫られている雰囲気が疲れる。同様にアフィリエイトやアドセンスも考えてしまうと、やはりそういう記事が優先されてしまいます。

つまるところ、これらのしがらみを一切なくして、素の状態で人様の記事を読み、好きなように楽しくブログを書けるようになれれば良いと思うのですが、それこそ自分自身で勝手に気にしている部分であり、気にしないようにすれば済むだけの話でもあり、そんなことを考えていると、いろいろ考えていることこそ無駄なのではと、頭の中がぐるぐるしてきます。

 

楽しいから続けてきたはずのブログが、いつの間にか苦しいものになっているのがすごく残念です。辞めるまでいかなくとも、自分のペースでゆっくり書けていけたらと思うのでした。

少しセンチになって、久々のチラ裏です。