読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【docomo】dTV、dアニメストア、dヒッツなどのドコモサービスの解約方法

スマホ契約の際、頭金を無くすため、キャッシュバックをもらうため、店頭でさまざまなサービスに加入させられる場合があります。

僕も先日機種変更してきて、頭金を無くしてもらう代わりにいくつかのサービスへ加入してきました。

合計1000円ほどで3000円の頭金を無くしてもらうのは嬉しいですが、不要なサービスの解約を忘れて、また解約方法がわからず、ずるずるとお金を払い続けてしまうのはもったいない。

初回無料でも忘れてしまい、月をまたいでしまうこともしばしばあるので、不要なサービスはさっさと解約してしまいましょう。

 

契約しているサービスの確認

まずは契約しているサービスの確認です。

僕は使用料などの確認もできる「My docomo」を使用しています。

Google play My docomo
My docomo
制作: NTT DOCOMO
評価: 3.4 / 5段階中
価格: 無料 (2015/12/9 時点)
ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.1

 

このアプリから機種変更の際に契約したサービスを確認すると、画面に収まりきらないほどありました。 

f:id:fake_fake:20151209153138p:plain

初回無料サービスもあり、マイナスな金額が目立ちます。

しかし、不要なサービスセットなので使わないものは忘れないうちに解約します。

改めて確認したら、契約した覚えのない忘れ去られたサービスがあったりするので、覗いてみるだけでも意味があるかもしれません。

 

ドコモサービスの解約

ここからが本題です。

解約画面まで移動するには、初めからスマホに入っている「dメニュー」を開きます。

f:id:fake_fake:20151209154056p:plain

ちなみにこれはドコモのサイトへ飛ばしてくれるだけのアプリ。 

ドコモのサイトへ移動したら、「お客様サポート」をタップします。

f:id:fake_fake:20151209154359p:plain

 

移動したページを下へスクロールし、「契約内容確認などオンライン手続き」をタップ。

f:id:fake_fake:20151209154802p:plain

 

「ドコモオンライン手続き」からパスワードを入力し、ようやく手続きのページへ移動します。

f:id:fake_fake:20151209155229p:plain

 

パスワード入力後下へスクロールすると、ドコモサービスの一覧が出てきます。

f:id:fake_fake:20151209155443p:plain

この中から解約したいサービスを選択して、解約を行います。

しかし、あまりに選択肢が多く、どれを契約しているかわからない人も多いと思います。

僕も確認しながらでないと何を解約したいのかサッパリ。

わかりやすいところはないのかとさらに下へ行ってみると「契約内容確認・変更」とあり、ここで内容を確認しながら契約、解約ができました。

f:id:fake_fake:20151209160637p:plain

 

契約者情報から料金プラン、その他さまざまなサービスが数ページにわたり表示され、サービスごとの契約、解約が行えます。

f:id:fake_fake:20151209161223p:plain

契約中のサービスには「解約」ボタン、契約していないサービスには「申込」ボタンがあり、ここから契約、解約、確認がまとめて行えます。

 

ここが一番わかりやすいページではないでしょうか。

 

さいごに

契約の際、抱き合わせのようについてくるサービスは「せっかくだし使ってみてね」と思わせておきながら、ずるずると契約させ続け搾取しているような仕組み感じてしまいます。

サービスの認知に繋げたいなら、1ヵ月で自動解約にしたら不満なくスッキリする一方、契約数や収益を考えてしまうとどうしてもそのようにできないのでしょう。

ネガティブな印象を与えがちなシステムですが、全て使えないサービスなわけでもありません。

僕はdTVやdアニメストアやdマガジンは素晴らしいサービスだと思っています。

しかし、使わないサービスも当然あり、そこはやはり人それぞれ。

機種変更を機に新しいサービスに触れてみて、利用したいサービスだけを継続して契約する。不要なサービスは忘れる前に解約する。

これがベターなやり方ではないでしょうか。

契約しているのを忘れて料金を払い続けるのが一番もったいないので、ときどき契約内容や利用明細を眺めて無駄な支払いがないか確認してみてください。

 

コチラもどうぞ