おまめモ

おまめがメモをしています

【Health Care】デンタルフロスはY字タイプのものが一番使いやすい

歯科に行くのが苦痛すぎるので、虫歯予防を徹底しようとデンタルフロスを続けています。

歯科医療に従事している方は必ず行っているらしいフロス。

f:id:fake_fake:20150613031342j:plain

過去記事で「安くてたくさん入っているものをガンガン消費するのがおすすめ」と書きました。

しかし、実際に安いものを使って心底後悔。

「使って」というよりもまず「使えない」。

歯の間にフロスを通そうとしても隙間に入らなかったり、動かそうにも動かなかったり、最悪歯に挟まってフロスを切断することも。

 

おすすめはクリニカのY字タイプ!

初めて購入したフロスがこれでした。

クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 18本

クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 18本

 

フロスの素晴らしさを体感できましたが、ほかのフロスに比べてやや値が張ります。

それでべつのものを購入してみました。

ところがどれもこれも扱いにくく、終いには面倒になってサボりがちに。

よく見るストレートタイプは柄の角度、糸タイプのフロスは口に手が入らない問題で奥歯がどうしてもやりにくいのです。

結局前歯付近をやっておしまい。

これでは虫歯になりやすい奥歯のケアが全くできていません。

 

Y字のフロスはストレートタイプ同様に長い柄があり、糸タイプと同じく横に動かしやすい。

f:id:fake_fake:20150613031440j:plain

さらにこのフロスは数回使えるほど丈夫なのも嬉しいポイント。

初めて購入したフロスは良いところ取りのデンタルフロスでした。

 

さいごに

歯磨きをしていれば十分な虫歯予防と思っていました。

歯科でフロスを勧められ、試しに歯の隙間へ通してみると想像以上に歯石が溜まっていてビックリ。

毎日行ってもかなりの量が取れます。

容易に虫歯になるのも納得せざるを得ませんでした。

 

フロスを行うと歯磨きの効果もアップし、口臭予防にも繋がります。

なにより歯の隙間がきれいになる爽快感がたまりません。

大切な歯のためにフロスで口内ケアを始めてみませんか?

おすすめはY字のフロスです。 

Copyright © 2017 おまめ All Rights Reserved.