読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【考え方】寝つけない夜にはシャッターを閉める

私は入浴時と就寝前に脳ミソがフル回転し、さまざまなひらめきが起こります。

それが楽しくて仕方がありません。

考えごとの内容は、ポジティブなこともあれば、ネガティブなこともあります。

仕事のこと、お金のこと、人間関係のこと、健康のこと、しょうもないこと、ブログネタ、些細なことに疑問を抱いて考えにふけてしまったり、一般的に普通の考えごとです。

しかし、脳ミソのフル回転状態が止まらないと、就寝前はとくに大問題。

寝る前はどこかで区切りをつけないと、頭が冴えてしまい眠れなくなってしまいます。

いい加減寝ようと決めたときには、私はシャッターを閉めるようにしています。

目をつむって、閉店を意識してシャッターをガラガラと閉める。

おしまい、おしまいとシャッターを閉める。

アクション映画に出てきそうなシェルターの分厚いシャッターを閉めたこともあります。

SFに登場してくる何層にもなったシャッターは終わりをイメージしやすいのでおすすめです。

 

考えごとを停止させるのにイメージしたものが、私の場合偶然シャッターでした。

シャッターのほかには、ONとOFFがわかりやすレバータイプのスイッチをひたすら下げているのを想像していたときもあります。

自分で終わりをイメージしやすいものを扱うと良いでしょう。

改めて書きながら考えてみると、入眠儀式のようにも受け取れます。

 

日々考えすぎて寝付けない方、シャッターを閉めるのはおすすめです。