読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Evernote】タグを活用して自分を振り返ってみてはいかがでしょう

どうでも良いこと、メモしたいこと、気になったこと、それをEvernoteにちょいちょいとメモしています。

Google play Evernote
Evernote
制作: Evernote Corporation
評価: 4.6 / 5段階中
価格: 無料 (2015/5/15 時点)
⬇ ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.1

なんでも保存できてしまうEvernoteはとても便利です。

 

f:id:fake_fake:20141018230132j:plain

さっと起動できるよう、ホームスクリーンにEvernoteのノート作成ウィジェットを配置。

Google play Evernote Widget
Evernote Widget
制作: Evernote Corporation
評価: 4.2 / 5段階中
価格: 無料 (2015/5/15 時点)
⬇ ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.1

 

僕はノートブックに「独り言」とタイトルをつけ、その中に独り言をぶつぶつと書いています。

Twitterアカウントもありますが、メモ、愚痴、弱音など、人様に見せるような内容ではないものを「独り言」ノートブックに綴っているつもりでいました。

 

見せられる範囲で、このような内容。

f:id:fake_fake:20141018232100j:plain

読み返していると、独り言のノートの中にはネガティブなことだけではなく、ポジティブなこともたくさんあるのに気付きました。

それぞれにbadとgoodのタグ付けをして、まとめて読み返すと糧になるのではと実践。

これがなかなかおもしろくて、このときはこんなにつらいことがあった。あのときはこんなのが嬉しかった。などなど、思い返したりするのが楽しいです。

「1日1つ良かったことを書く」と重たい目標を掲げずとも、気になったことをガンガンメモして、読み返しながらタグの整理をする。

月末にでもタグを一気に読み返すと、たくさんの良かったことを振り返られます。

 

また、badタグは、悪いことが良い方向へ転じたキッカケを思い返したり、いつの間にか悪いことが解消されていたのに気付いたり、そういえばこんなこともあったと思い出したり、ネガティブなタグ付けも僕の中では大きな価値があります。

 

独り言なので、もちろん読み返す必要のないノートも山のようにあるでしょう。 

タグ管理をすると独り言内のノートが厳選されて読み返すのが容易になります。

加えて何気なく使っていた独り言ノートブックが、タグ付けをしてから、今までと違った活用方法も生まれたことに驚いています。

簡単に自分を振り返られる方法をぜひお試しください。