読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Blog】人間臭いブログがおもしろい

初めてブロクを開設してから、気付けば10年ほどが経っていました。

開設、閉鎖を繰り返して、これはいくつめのブログだろう。

それでも2ケタは行かないので、1つのブログを結構続けていたと思います。

用途に分けて複数管理していた時もあったり、懐かしい思い出です。

 

ブログの書き方?

今年に入ってから人様のブログに触れる機会が増え、人間臭い記事の生々しい文章を、とても楽しく読むようになりました。

それに伴い「ブログのありかた」「ブログの書き方」などの記事が今まで以上に目に留まるようになった気がしています。

"何を目的としてブログを継続していくのか、テーマを定めた方が安定する"

"記事のカテゴリは増やしすぎない"

ブログの書き方で覚えているポイントは、この2つだけですが、とても参考になりました。

しかし、"書き手の自由"なのでは、というのがぼくの結論です。

難しく考えず、もっと軽い気持ちで始めてほしい、続けてほしいという気持ち。

というのも、見出しの冒頭にある、"人間臭い記事の生々しい文章"が好きだからです。

 

久々に人間臭い記事を書いてみたい

当ブログのテーマとなるものは、ブログタイトルである「Dog Ears」で、本の端を折るようなメモ、記録などをアウトプットする場所、なのです。

このテーマで記事を書くと、やはり当たり障りのない文章になってしまいます。

そういうものを目指して、備忘録として記してきたからこそ、検索で訪れる方がたくさんいて、少しでも役に立てていると思うと嬉しい限りです。

 

しかし、はてなブログ内をうろついていると本当にたくさんのブログがあって、自分の意見や体験を発信している、人間臭いブログに惹かれます。

他人の考え方が興味深く、おもしろく感じ、目から鱗が落ちまくるような記事に感化されて、ぼくも思うことを書いてみようかと考え始めました。

 

それなりに自由に書いている当ブログですが、テーマに縛られて、これは書いてはいけない、と思ってしまうことも多々あります。

あるライターさんが「ブログくらいは自由に書きたい」と仰っていたのが、とても印象的で、いろいろな意味で自由に書いても良いのがブログなんだろう、と改めて思います。

たくさんのブログの存在を知ってから、書き記すだけではなく、発信に挑戦するのもありなのかな。

かなり前からタイトルの変更は考えていたので、これを機にブログのテーマを少し見直そうと思います。

 

関連リンク

【Feedly】Feedlyはブログ専用に使っています - おまめモ