おまめモ

おまめがメモをしています

【Android】最近のスマートフォンのスペックが気になる

今ぼくが使用しているdocomo REGZA Phone T-01Cは購入して1年2ヵ月くらいになるんだけど、最新のスマートフォンと比較すると、どの程度変わっているのだろうと気になって調べてみた。

REGZA Phone T-01C
製造メーカー/富士通東芝モバイルコミュニケーションズ(現在では富士通モバイルコミュニケーションズ)
OS/android2.2/2.1
CPU/1GHz Qualcomm Snapdragon QSD8250
メモリ/ROM(1024MB)/RAM(512MB)
カメラ/有効画素数 約1220万画素
2010年12月17日発売

 

気になるスペックはこの辺かな?

docomoのサイトで人気No.1とあったGALAXY S Ⅲ SC-06Dと比べてみる。

GALAXY S Ⅲ SC-06D
製造メーカー/サムスン電子株式会社
OS/android4.0
CPU/MSM8960 1.5GHz(Dual Core)
メモリ/ROM(32GB)/RAM(2GB)
カメラ/約810万画素
2012年6月28日発売

調べていくうちにT-01Cが残念に感じてきてどんどん悲しくなってきた(笑)

しかし、カメラも考えて購入したので、この点だけは負けていない。

今のスマホってCPU、メモリはこんなに変わってるんだね。

特にメモリの差に驚いた。

すごいぬるぬる動くんだろうなぁ。いいなぁ…。

 

あと、フィーチャーフォンの時は全く気にしていなかったけど、あると便利なイヤホンジャック。

音楽を聴く時、ワンセグを見る時、YouTube等動画を見る時、個人的にはrazikoを使う時等、なんだかんだで結構重宝しています。

あまり使う機会がないけど、赤外線もあれば便利だよね。

Copyright © 2017 おまめ All Rights Reserved.