おまめモ

おまめがメモをしています

【LifeStyle】時間を気にしない、たまにはそんなスタイルを

何に追われているワケでもなく、一人でせかせかしている僕。以前書いた、時間の記事(【考え方】何分から次の時間を意識しますか - おまめモ)から、少し捉え方が変わっているのに気付きました。

 

相変わらず、もう朝7時だ!起きなきゃ!もう8時だ!もう10時半だ!もうお昼だ!もう3時だ!もう5時だ!もう7時だ!もう9時だ!もう10時だ!もう0時だ!寝なきゃ!といった具合に、時間に対しては基本的に「もう」が付いています。「まだ」が付くときは嫌な事柄のときのみ。

書きだしてみると、改めて慌てているというか、落ち着かない印象を自分でも感じています。

 

とある日、ボーっと横になっていて「今何時だろう?」と思いました。そこでひらめいたのが「何時でもいいや」という発想。予定があるならばそれはアウトですが、とくに予定のない日、時間を気にしなくて良い日であれば、時間を知らないのもアリなのでは、と思いました。

時間に縛られず、少し昼寝をしてみる。目が覚めたのは15時。どのくらい眠ったのかわからない。この感覚が案外良い効果を発揮していて、実際眠ったのは10分くらいでも、30分、1時間、2時間も眠ったような気分になれます。ひたすらごろごろしていても、時間がわからなければ、「そろそろ動こうか」といった具合に行動へ移せる。あれから3分経った。5分、10分、そろそろ行動だ。時間を気にしていると、楽しいこともイマイチ楽しくないように思います。

週末に放送している、2時間の映画番組はとくにわかりやすくて、9時にスタートし、どのように終わるのだろうとそわそわしていても、11時が近くなると、終わる雰囲気を察してしまう。これは映画の楽しみ方として良くないと思うのです。映画館、DVDなどで映画を観ているときは、時間の感覚がなくなり、どのように進むのか、どのように終わるのかが把握できなくなる。映画にはこの部分も大切だと考えます。

 

気付けばいたるところに時計があり、いつも時間が把握できるのは便利な反面、少々厄介。テレビにも常に時間が表示されていて、無意識に気にしている。PC操作をしていても、無意識にチラッと眺める。スマホは何をしていても表示されていますし、現代の娯楽システムには切り離せないのが時間なのかもしれません。

f:id:fake_fake:20170406124445j:plain

たまには時間を一切気にしない部分を作ってみると良いです。案外新鮮な感覚が楽しめます。

 

コチラもどうぞ

【Music】店頭でCDを買いたいのに、結局Amazonでポチッている

最近では、CDを取り扱っているお店がどんどん減っています。僕の狭い行動範囲でも、ここ数年で2,3店舗はなくなりました。販売店へ入っても全然人がおらず、畳んでしまうのもやむを得ない印象です。僕自身、お店へ行っても昔ほどCDを買うわけでなく、ワゴンセールになっているCD、DVDを物色してふらふらっと帰る程度。CDを買う行為自体が珍しくなっています。

MDが登場してからはもっぱらレンタル。大容量のiPodが出てからはレンタルに拍車がかかりました。現状も、再生はPCやiPodに頼っており、CDは購入しても、取り込んだらおしまいな状況。大切に保存したい性格であるため、極力CDへは触らずにPCへ取り込む。そしてそのままCDは飾っておき、そのまま風化してしまう。最近では、これは良くない、もったいないと感じています。

CDは傷だらけになるまで聴く、ケースや冊子がボロボロになるまで見る。これがCDの役割として、制作した側として最も嬉しいことなのではと考えるようになりました。

 

CDを購入しても取り込んでおしまいであれば、レンタルで十分。お金を払って買いたいのであれば、価格の安いDL版も選択肢に入っています。現在は大好きなアーティストに限り、シングル曲をDL版で買い、アルバムをCDで購入するスタイルになっています。 

そして、10年くらい前に発売されたニッチであろうアーティストのCDを数年間探していて、結局Amazonでの購入となりました。中古CDショップや店頭で品定めをして購入したい気持ちとは裏腹に、店頭には中古品さえ置いてない。最終的にたどり着いたAmazonで検索をしてみたら、新品のアルバムがアウトレットで100円や半額で売られていました。

f:id:fake_fake:20170404163531p:plain

新品のアルバムを2枚購入しても元値の半額以下。消費者としてはとても嬉しいことなのですが、なんともいえない気持ちです。

先日、ゴールデンボンバーが「CDを出しても売れないから」と音楽番組で無料配信していたのを見て、ものすごいインパクトを受けました。一見ただのおふざけに見える彼らのスタイルは非常に興味深く、CDの握手券問題などタブーとされているような問題へ果敢に突っ込んでいく姿は、音楽が好きで、これからもやっていきたいキモチを汲み取ることができます。新たな切り口を作っていくゴールデンボンバーを、これからも応援していきたいと強く思いました。

 

ネットが発達した現代では、何を扱う小売店でも生き残るのは大変と痛感。商品を購入するにおいては通販が非常に強力なようです。あくまで金額の面では。と思いたい。

 

コチラもどうぞ

【MHXX】偏見で決めた、オススメのスラッシュアックス(随時更新)

MHX発売から1年数ヵ月。G級が解禁された、続編となるMHXXが発売されました。

前作よりもスキルの選択肢が増え、武器が強化されたものがたくさんあります。そのため、MHXでイチオシだったものも、イマイチだったものも一新されたように思います。

今回オススメ選考基準は、紫まで実装された切れ味、属性値、扱いやすさ、ネタ感の4つ。ネセト一式でスキルはどのようにもセットできてしまうため、ますます「これがオススメ!」とは言えなくなりました。自由の幅が広すぎて本当に頭が痛いです。

 

出典:CAPCOM:モンスターハンタークロス 公式サイト

プレイしながら更新していくため、情報不足なところ、エアプなところがあります。 たくさんの武器を使い、モンスターを相手にしながら加筆修正していきたいです。

 

上位(MHX)装備はコチラ。

【MHX】独断と偏見で決めたオススメのスラッシュアックス - おまめモ

 

スラアクのオススメのスキルはコチラ。

【MHXX】スラッシュアックスを快適に扱う、オススメのスキルたち - おまめモ

 

スタイル別の特徴などはコチラをどうぞ。

【MHXX】スラッシュアックスの操作、小ネタのまとめ - おまめモ

 

強属性ビンもぜひ。

【MHXX】今作は強属性ビンのスラアクが強い - おまめモ

 

防具合成リスト

【MHXX】お気に入りの防具合成リスト その1 - おまめモ

 

広告

 

もくじ 

 

無属性

G級へ昇級後、真っ先にオススメしたいのが、アトラル・カ素材よりつくられる「真名アナトカルナイム」です。未強化でも攻撃力が310の頭ひとつ抜けた数値。そして安定の強撃ビン。さらにはスロットが3つに加えて防御力+60と文句のつけようがない1本。切れ味+がなくとも切れ味は紫となり、+2まで発動させれば紫がかなり長くなります。最終強化で攻撃力は330まで上昇。スロットのおかげでスキルも発動させやすく、迷ったらこの1本のタイプ。ただ、MHXで会心率にこだわっていたため、会心率付与のない装備ではエフェクト等に物足りなさを感じます。それでも安定したダメージを与えられるので、作っても損はしない武器。アトラル・カは周回している人も多く、強化素材もそこまで重たくない。作りやすいのもポイントです。

 

そして、スラアクには外せない、セルレギオス素材より作られる「叛断ノ覇斧レギオン」。攻撃力280と控えめながら、素で切れ味が最大なのは大きい。強撃ビン、会心率20%、2つのスロット、回避行動で切れ味回復。回避行動で距離を詰めるスラアクにはピッタリの武器です。コロコロ転がるエリアルスタイルにイチオシの1本。

 

攻撃力380、会心率-70%、滅龍ビン、切れ味が黄色のクセがものすごく強い「風化した剣斧」も気になるところ。心眼、鈍器使い、痛恨会心を発動させた装備で運用してみましたが、イマイチ強さがわかりませんでした。火力の数値は飛び抜けていますが、実用性は怪しいかもしれません。

 

二つ名ウラガンキン素材の「バーストデアマンテ」は攻撃力370、会心率10%、防御力+25、非常に長い緑の切れ味。鈍器使いと相性がバツグンの1本です。スラアクは心眼不要なため、鈍器使いを活かしやすいのも魅力。

 

火属性

火属性はリオレウス素材より作られる「ハイ=リオヴェルミオ」が安定そうです。スロットはありませんが、攻撃力320、強撃ビン、属性値36と火属性武器では強力な1本。切れ味にやや不安があるため、切れ味+を発動させたいところ。そして、最終強化が少し大変なのも難点。

 

MHXより使用しているアグナコトル素材の「紅蓮斧ヘルゼスティ」は、もう少し火力がほしかった。それでも会心率20%と2つのスロットは扱いやすいです。これからアグナコトル武器を作るなら、イャンクックから作られる「豪嘴剣斧ビークックス」のほうが良いかもしれません。攻撃力、スロット共にバランスが取れていて優秀な1本です。

 

強属性ビンではディノバルド素材の「大斬斧グリマノヴァ」がオススメ。1スロット、素で白の切れ味。属性値も高めです。何より作りやすいのがポイント。

 

水属性

水属性は強そうなのがたくさんあり、選ぶのが難しい。

今作より復帰した「海王斧ナバルディード」はスロットがなく、属性値も18と控えめですが、330の攻撃力が魅力的。なにより個人的にお気に入りなのが強い。

ナバルディートと競り合うのが天眼素材の「ともしびの灯滅刻彫斧」。新しく追加された二つ名だけあり、攻撃力310、会心率20%、属性値28と非常に強力。

また、MHXより愛用しているタマミツネ素材の「にはたづみ流麗玉筆斧」も十分に強いです。G級上がりたてでも容易に強化できるため、持っていても損はありません。

 

属性特化なのはケチャワチャ素材の「奇猿斧ワチャルナッカ」です。攻撃力は300と低くなく、強属性ビン、属性値45、スロットは3つ。切れ味+2で紫も長くなり、水属性が通る相手に担いでいる武器です。

 

雷属性

今作で雷属性のオススメは、ジンオウガ素材の「真・王牙剣斧【断天】」です。切れ味は素で白、+2で長めの紫になります。攻撃力320、強撃ビン、属性値32、スロットは1つ。前作では惜しい武器だったので、真価が発揮された今作では活躍しています。切れ味の落ちやすいところが玉に瑕。

 

会心率を活かすならラージャン素材の「鬼神大角斧【震為雷】」。前者に比べて攻撃力は300と見劣りするも、会心率30%は欠かせないポイント。スロットも2つ。ただ、切れ味に難ありで、青運用がメインとなってしまいます。

 

強属性ビンで攻めるなら、ラギアクルス素材の「豪雷震剣斧ヴォルト」、二つ名ジンオウガの「極・金狼牙剣斧【曄】」あたりでしょうか。弾かれないスラアクの特徴を活かし、対カニ装備へ持っていきたい。

 

個人的に作りやすくお気に入りなのは、ラージャン素材の「金剛大角斧カンダチ」です。切れ味+2で白が最大。攻撃力310、会心率15%、雷属性値35の強属性ビン。初めは「真・王牙剣斧【断天】」を使っていましたが、研ぐのが面倒になり、今はこれをメインに使っています。

 

氷属性

強属性ビンと会心率マイナスが目立つクセモノの多い氷属性。

MHXでは二つ名ウルクススを推していましたが、今回も無難そうです。「黒兎雪斧アウリスパダ」は攻撃力300、強撃ビン、会心率15%、属性値30、切れ味は素で白、さらに狩技ゲージの溜まりやすいオマケ付き。

一方で、クシャルダオラの「エジニハ=ダオラ」も引けを取りません。攻撃力310、強撃ビン、会心率5%、属性値32、切れ味は白。

会心率を取るなら前者、安定を取るなら後者といったところでしょうか。

 

鈍器使いを発動させるなら、二つ名ガムートの「餓斜ン牙王の大解放」が非常に強力。攻撃力370、強撃ビン、属性値20、会心率5%、防御力+10。そして切れ味は長い緑。スラアクは心眼不要なため、硬いラージャンの腕も問題なしです。氷属性は鈍器使いを発動させたこの武器がベストかもしれません。

 

龍属性

龍属性武器は相変わらず個性派揃い。

ラオシャンロン素材の「龍焔剣斧【竜喰】」は属性値が興味深いです。攻撃力は300とまずまずですが、属性値が50と飛び抜けています。切れ味+2を発動させて、ゴリゴリと使いたい1本。強撃ビンの属性特化にも使える武器です。

 

会心向けは、ゴアマガラ素材の「ウィルofソウル」。310の攻撃力、属性値20、会心率30%、スロットが1つ。切れ味は微妙ながら十分に使える1本。

 

攻撃力ゴリ押しならば、ミラボレアス素材の「黒龍剣斧」。攻撃力340、属性値30、スロット1つ。切れ味は青からすぐに長い緑となるため、鈍器使いを発動させるのがベターかもしれません。

 

MHXXでも気になるのは、強属性ビン、属性値65のアルトランプロン。攻撃力も270とそこまで低くないため、前作より実用的になりました。

 

アルトランプロンよりも今作飛び抜けて気になるのは「赫醒剣斧バティスタ」です。素で切れ味は最大。赤と白の極端な切れ味ながら十分に研ぐチャンスはあるため、扱いやすさもバツグンです。

コチラもぜひ覗いてみてください。

【MHXX】今作は強属性ビンのスラアクが強い - おまめモ

龍属性はおもしろい武器がたくさんあるので、まだまだ検討の余地がありそうです。

 

毒、麻痺、睡眠、爆破属性

MHXXではテンペストアクス発動時、またはブレイヴ状態時に手数が多くなるため、状態異常も捨てたものではありません。

 

毒属性の火力重視はリオレイア希少種の「金鉤のトリウィア」、属性値重視は二つ名リオレイアの「ランドグリーズエピネ」。後者は切れ味+2を発動させれば凶悪になりそうです。前者は属性値が低めなので、取り急ぎといった感じです。

個人的にお気に入りなのは、強属性ビン、属性値40の「猛者の戦斧【巨魁】」です。ややネタ感が漂いますが、毒の属性値は跳び抜けます。問題は小型モンスターの素材を使用するせいで、素材集めが面倒なところ。

 

麻痺属性はMHXから変わらない「甲翅刃カンタゴスタ」です。レア1ながら最終強化では紫になる切れ味が魅力。斧運用なら弾かれ対策も含め、これがオススメ。

とにかく麻痺を狙いたい場合は強属性ビン、属性値30の「レッドトマホーク煉獄」。会心率15%付与もあるため、エネルギーチャージを活用し、会心撃【特殊】を発動させるのもアリ。

 

睡眠属性はガノトトス素材の「瀑剣斧メギスプテギオ」。そもそもホロロホルルかガノトトスしか選択肢がないのがつらい。属性特化ならば、通常ホロロホルルの「夢爪大公エレソムヌス」。2つのスロットを活用し、睡眠属性値を上げて睡眠を狙います。僕は中途半端に睡眠を狙うより、状態異常攻撃+2を発動させた「夢爪大公エレソムヌス」でガッツリ狙って行くのが無難と考えています。

 

爆破属性はMHXが二つ名ディノバルド一択だったのに対し、MHXXでブラキディオスが巻き返し、ミラバルカンの存在がうごめいています。

二つ名ディノバルドの「真滅斧グリマノヴァ」は素で切れ味が最大。そして狩技ゲージが上がりやすいのが特徴。

ブラキディオスの「砕光晃剣斧リュブラク」は属性値が45と高めであり、スロットが2つ。派生武器の「砕巌剣斧エリクシー(漢字が潰れてて読めません)」も捨てがたい。

ミラバルカンの「真・黒滅龍剣斧【暴】」は攻撃力250、強属性ビンとなんだか残念な仕様。一方で属性値50、会心率30%、スロットが3つ、切れ味+2で紫の切れ味へ。会心率を上げて、爆弾強化を発動させ…、夢のある武器のように思います。

現在は「砕巌剣斧エリクシー」を愛用しています。切れ味がよく落ちるので、砥石使用高速化があると便利です。

 

さいごに

MHXXでは切れ味の紫が実装され、切れ味+を活かすか、鈍器使いを活かすかで武器の選択が変わってきます。斧運用でテンペストアクスを使うのであれば、スキルも大幅に変わります。

また、攻撃力が飛び抜けていて切れ味が紫の1ドットしかない、一見使えない武器でも、剛刃研磨と砥石使用高速化を使いまくれば大化けする武器になるでしょう。

これらのことから、一概に「これが良い!」とは断言できないのを改めて思い知りました。

 

今回一通り書きだしてみて、どのように運用するか明確に見えてきた気がします。これはどうかな?と思ったら、まず作って試してみる。ハズレかもしれませんが、考えている間はとてもわくわくして楽しい時間のはずです。

ぜひ、いろいろな武器を使ってみてください。そして、スラアク好きが増えたら嬉しいです。